TOP > その他のニュース > なぜ東大合格者数上位校は「男子校」「女子校」が多いのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

なぜ東大合格者数上位校は「男子校」「女子校」が多いのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

高校別東大合格者数ランキングのトップ10のうち8校が「男子校」「女子校」。男女別学の教育スタイルに一定の効果があるその理由とは。

ツイッターのコメント(33)

@wezzy_com まず、東大入学者には男女別学の人が多く( )、入学時にジェンダー意識がないは割と仕方がない。けれど、変な男性優位の考え方もなかったと思う。(もしかしたら、男性優位の考え方の人と距離をとってただけの可能性もあるけど)
ほとんどの男子校は、学年を縦割りにした「組対抗」で争う""しかし少なくない女子校で、運動会を「学年対抗」で行う。高3と中1がリレーで競ったりする。勝負は見えている""しかし女子校の教員によれば""自分たちのチームワークを高めることに重きを置くから、学年対抗のほうが
@maiiiiru_12 学力教育面でメリットがあるからという説を推すで
行きたいとは思わないけど受験に向いてそうなのはなんかわかる。
言いたいことはここにパパッとまとめてある
なるほど。もし探りに来てたら読んでほしい。
これ思い出した。3ページ目
こんな話もあるのにね。
男女の違い、女子校から理系に進む理由が固定概念がないからか
男は「縦型」のチームを好み、女性は「横型」のチームを好むって面白いなあ。
こういった研究があるようです。
「学力差などもともとの背景要素をなくしたとしても、明らかに共学よりも別学の学校のほうが男女ともに成績が良い」
男女別学校にはジェンダー・バイアスが入り込む余地がない。無理に男らしく振る舞う必要も、無理に女らしく振る舞う必要もない。
灘、開成、桜蔭など東大合格者ランキング上位には男子校、女子校が多い。

男女別学校が持つ”強さ”とは一体なんだろうか?

「なぜ東大合格者数上位校は『男子校』『女子校』が多いのか」
テーマよりも、リレーの縦割りと横割りの話や、共学と別学によるジェンダー・バイアスの話などが、なかなか興味深い。
一応補足しておくと、男子校や女子校の方が成績が向上しやすく、逆説的に「ジェンダー・バイアス・フリー」なのは(良くも悪くも)事実だと思う。

(参考)
埼玉の高校って、ある意味特殊なんだね。
なぜ東大合格者数上位校は男子校、女子校が多いのか
他国は知りませんが日本は伝統校だからでしょう。このご時世で性別限定で運営できてますし。サボも男子校でしたが運動会は中高で別々でした。学力はともかくジェンダー意識が薄かったのは本当でした。
わかる/「男女別学か共学かの議論は、ジェンダー論だととらえられがちが、実はこの議論を突き詰めていくと「学校にどこまでの機能を求めるのか」という話に行き着く。」
組織としての男性・女性に特性が異なってくる、という話がある。学校だけではなく会社でもそういうことを利用できるだろうか。あるいはすでにされているのだろうか。
言い換えると、男子は競争させた方が伸び女子は連帯させた方が伸びるということ
>男子は「命令」によって縦型の組織を作るのが好きだが、女子は「共感」によって横型の組織を作るのが好き
>
男女七歳にして席を同じうせず、だっけ?なるほどと思うと共に、男女共学で如何にジェンダーバイアスを無くすのか、が重要じゃないのかな?⇒
その論理からすると大学も別々のほうがいいという結論になるが。そういう調査もしてみてもいいんじゃないか?
これも備忘録的に。いろいろと考えたい。 /
別学の方が、「ジェンダーフリーになりうる」という考察が非常に興味深いね//
性の特質に合う教育。男・女らしさの既成概念の影響を受けにくい。なるほど。
> | PRESIDENT Online - プレジデント
男子校の良さはいって、さらに卒業しないとわからないだろうなぁ。
東大合格者数という切り口はともかく、男女の教育の有り方の事例としては興味深い。
進学云々は別にしてもほぼ女ばかりの学校だと確かにジェンター意識が薄れるような気がするというか薄れました。
性別の特性は当たり前に存在する
太宰の作品にあったが「男女は違う生き物」という言葉に共感する
「男女平等」は厳格に行使する権利として
明確に存在だけしていればいいと思う。
--
東大には入れませんでしたが、男子高卒業です。
( ̄▽ ̄)
「男女別学は性別による固定概念を打ち崩しやすいが、共学はそれを強化する」
全国約5000校のうち女子校320校(6.4%),男子校125校(2.5%)
「男女別学は性別による固定概念を打ち崩しやすいが、共学はそれを強化する」バージニア大学(2003)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR