TOP > その他のニュース > 定年延長のウソ!? なぜ60歳になると給料は半分になるのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

定年延長のウソ!? なぜ60歳になると給料は半分になるのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

12コメント 登録日時:2014-12-24 09:02 | プレジデントオンラインキャッシュ

65歳までの定年延長が実現。60歳で定年、その後再雇用された人たちの給与水準は、定年前に比べて半減する。その理由を徹底検証。...

Twitterのコメント(12)

事務所でボケているヤツや喫煙所に入り浸っているヤツでさえ『500万円も』貰っているのか!
定年延長してもソフトウエアエンジニア35歳定年説があるからな~。( ´△`)
アメリカで定年がないのは、雇用に関して「年齢差別することは違法」という考え方があるためです。そのため、60歳になったからという理由で退職させる定年制という考え方自体がそぐわないというのです。
中には、再雇用後の給与を、学卒初任給かそれ以下で設定している企業もあるのです
政権のまやかし。雇用と年金は一体でなければおかしい。年金給付開始年齢を引き上げたのだから、雇用は年金給付開始年齢まで継続させるべき!継続雇用制度では無く、65歳定年制を行うべき。『高齢者は飢えよ』と言うことか。
人事&給料の謎【8】 年齢差別はクソだけどそれで得してる人が多数派だからコンセンサスは得られないだろう
まだまだ問題が山積み
年齢給か、能力給か。企業も選択によって集まる人も違ってくる。
- 人事&給料の謎【8】: 65歳までの定年延長が実現。60歳で定年、その後再雇用された人たちの給与水準は、定年前に比べて半減する。その理由を徹底検証。
以上

記事本文: 定年延長のウソ!? なぜ60歳になると給料は半分になるのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online