TOP > その他のニュース > 密着! 新聞奨学生との1週間――「学費も生活費も、子供自身が稼ぐ」という選択 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

密着! 新聞奨学生との1週間――「学費も生活費も、子供自身が稼ぐ」という選択 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

45コメント 登録日時:2014-04-20 11:29 | プレジデントオンラインキャッシュ

ゆとり教育と暖衣飽食で甘やかされて育ったPF誌編集部員が、新聞奨学生生活を体験取材。年下の大学生に教えられた“苦労”の価値。...

Twitterのコメント(45)

@kentaro__y 無利子どころか二食住居付きの給与あり。学校によっては規定額以上でも全額返済免除。
奨学金では進学できなかったが、これは有難かった。


しかし、どん底を経験した。親にどん底の更に下を経験させるよりマシだったってトコロ。
奨学金で進学できる裕福な家庭ではなかった。
自分も経験者の一人として
奨学金制度の仕事をしながら2年間専門学校を
通っていた。
私も浪人時代の1年間だけ新聞奨学生でした。一般的な「配達だけ」ではなく、折角1年だけなんだからと、1区域を担当して、集金と拡張(勧誘)もしていました。色々とありましたが、この経験が間違いなく今の自分の土台の一つになっていると思います。
新聞奨学生についてはこの記事をどうぞ。良記事。
前々から新聞奨学生って待遇いいなぁと思ってたけど、スケジュールがすごい…密着した子がすごい。見習いたい
読むと頭が悪くなる記事です。どうぞ。 /
大学の奨学金がーって言ってる人に是非読んで欲しい記事。あなたは新聞奨学生という選択を出来ますか?
卒業して働きながら返還するよりはこっちの方が良いかもしれない。早朝は大変だけどな…。
ここでは新聞奨学生という選択がポジティブに描かれていますが、実際には様々な人権侵害が横行しています。「新聞奨学生」でネット検索をかければ一目瞭然。
すごく大変なのは勿論だけど勉強の時間は確保できるのかな、と心配に思ってる
素直に頑張らなきゃって思える記事。
最後の営業の件は同感です〜
大学の同級生に新聞奨学生いたけど、人生の良い糧となったって本人が今も言ってるわ。自分の学費は自分で稼ぐ、という選択はもっとされてもいいと思う。義務教育ではない大学進学という自己投資の決断に回収の見込が無い投資をしない為にも。
いい記事ですね。自分も新聞配達していた頃を思い出しました。“@tmaita77:  雑誌に載っていたものがネット公開されてる。これ,面白いんだよな。”
雑誌に載っていたものがネット公開されてる。これ,面白いんだよな。
お世話になった先輩の密着取材の記事です。
同じ新聞奨学生なのできょうかんできるのですが、ここに書かれていることはまさしくこの通りです。
自分も20年前4年間やったけど、今だに夢に見るね…。
ほんますごい。恵まれてるわ。楽しとるわって思う。
俺にはとてもできる自信ない。新聞奨学生ってすごいな。
予備校と大学一回生のときやった。予備校のときは合格するというモチベーションだけでやりきった。絶対合格という強い意志が必要。
今も昔も変わらない。私は2年でした。結局、専門中退で奨学生も終わったけどいろんな経験できたし人間関係作れたな。西川口から吉祥寺はチョット遠すぎた。
こういう分かりやすい苦労はみんなから応援してもらえるから良いなって思う。
新聞奨学生かな?と思える配達の子は何度かいました。ツレは電子版にしようというのですが、私は配達にこだわっています。こういう職場もあっていいと思います。
経験談 特にまとめ主のツイを併読推奨。 / “ - プレジデント”
こんな特集があったとは。新聞に関係ない人も読んで欲しい。
ひとつの居場所?と教えてもらった/
自分の学生時代を思い出せば、恥ずかしくなる記事。新聞奨学生、立派である。
苦労をポジティブに捉えているところが胸に残った。
面接の場でも何人かあったことがあ?けど、総じて当たり前レベルが高い人が多い。そして
「大変なのは最初の3カ月でした。その時期さえ乗り切ってしまえば、この生活が日常になりますから」
というフレーズか...
僕の経験談としては「やめた方がいい」ですな。特に集金活動を入れるとかなり厳しい。子供がこれやると言ったら、1年しっかり働いて学費をあらから稼いでから行けと⇒ 新聞奨学生との1週間―「学費も生活費も、子供自身が稼ぐ」という選択
偉いなあ RT @Pre_Online: 新聞奨学生との1週間「学費も生活費も、子供自身が稼ぐ」という選択: ゆとり教育と暖衣飽食で甘やかされて育ったPF誌編集部員が、新聞奨学生生活を体験取材。年下の大学生に教えられた“苦労”の価値。
報酬は税後の数字なのかしら?RT @tmaita77: 密着! 新聞奨学生との1週間――「学費も生活費も、子供自身が稼ぐ」という選択  こないだの『プレジデントファミリー』のだ。
俺もやってたけど、しんどかったなぁ…。
学費がネックで進学できない方はこういうの利用するのもよいと思う。遊ぶ時間はないけど、その分、たくましくなりそう。|
同意!
@acdc00: 経験から言って出来る事ならやらない方が良いですね。キツくて学校行けなくなった学生もいます。
: ”
ワタシャ毎日奨学生のOBです。
素晴らしい!若者頑張って!
野田知佑さんの時代とは、だいぶ変わってるんだなぁ。   | PRESIDENT Online - プレジデント
私は2年目で身体を壊して入院したなぁ。懐かしい。"@tmaita77:  こないだの『プレジデントファミリー』のだ。"
経験から言って出来る事ならやらない方が良いですね。キツくて学校行けなくなった学生もいます。
:
有給休暇という概念は無いのか?ブラックだなぁ → "「新聞販売店の一スタッフとして責任のある行動を求められる」→「“テスト前だから休む”というわけにはいかない」"密着!新聞奨学生との1週間 「学費も生活費も、子供自身が稼ぐ」という選択
なんでも自分で乗り越える事が大事。失敗の経験が一番の糧。/密着!
新聞奨学生との1週間――「学費も生活費も、子供自身が稼ぐ」という選択: ゆとり教育と暖衣飽食で甘やかされて育ったPF誌編集部員が、新聞奨学生生活を体験取材。年下の大学生に教えられた“苦労”の価値。
中途退職時の即一括返済や労務問題の記述がなく高校生らをミスリードしかねない。価値は高いが多くの問題も含む制度であることに触れていない/  @Pre_Online
以上

記事本文: 密着! 新聞奨学生との1週間――「学費も生活費も、子供自身が稼ぐ」という選択 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

関連記事