TOP > その他のニュース > 小池龍之介「追い求めると逃げていく。“幸せは副産物”の理由」【2】 | プレジデントオンライン

小池龍之介「追い求めると逃げていく。“幸せは副産物”の理由」【2】 | プレジデントオンライン

頻繁にメールチェックをしないと気がすまない人は、誰かとつながっていることを確認して快感を覚える、ある種の快感中毒といえます。...

ツイッターのコメント(21)

あった。これですね
確かにドーパミン中毒
自分も 他も。
“幸せは副産物”の理由」【2】:PRESIDENT
| PRESIDENT Online
褒められても心が浮つくことなく、非難されても決して落ち込むことなく、心が平静でいられるのが幸せであ
大変良い文章です。感情、快感のアップダウンはよくない。
目の前のことをしていれば十分幸せと。
”悲しい出来事が起きたときに、人は降りかかった現実を元に脳内で編集し、後悔や不安を交えながら不幸や悲しみを増幅させてしまう。”

小池龍之介「追い求めると逃げていく。“幸せは副産物”の理由
\(^▽^)/  収穫祭やたまのお祭りといったハレのとき。あるいは1日の労働を終えて「ああ、ご飯だ」というときに快感が走ったりしたのかもしれませ…
"「現実」と「頭の中で起きる反応」を仕分ける"…これが本当に、心の平静を保つコツだと思う。 /
何か不幸な出来事が起きた時に「一本目の矢」が心に突き刺さる。その不幸な現実を脳内で編集し後悔や不安を増幅させる「二本目の矢」を突き立てて気を病む。二の矢を継がない!!→
落ちついた生き方、考え方にたどり着くためのトレーニング、「私もやらなきゃ」と思う。
目の前のことに集中している時間ほど楽な時間はないよね。
なかなかいいことが書いてあるね。:
お坊さんがドーパミンとかセロトニンとか言う時代なんだ。融合して行くんでしょうね/ | PRESIDENT Online - プレジデント
ふーむふむ>>
頻繁にメールチェックをしないと気がすまない人は、誰かとつながっていることを確認して快感を覚える、ある種の快感中毒といえます。
小池龍之介「追い求めると逃げていく。“幸せは副産物”の理由」【2】: 頻繁にメールチェックをしないと気がすまない人は、誰かとつながっていることを確認して快感を覚える、ある種の快感中毒といえます。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR