世界初のコンシューマ用Linuxタブレット「JingPad」登場。Androidアプリも動作 - PC Watch

26コメント 2021-06-16 10:08 PC Watch

 “世界初のコンシューマレベルのLinuxタブレット”を謳う「JingPad A1」が、クラウドファンディングのIndiegogoで出資を募っている。製品を入手するための最小出資額は549ドル(約6万...

ツイッターのコメント(26)

メインマシンがほぼダメになった。
Atomとかcore m3並みの処理性能に落としていいので発熱を抑える(そしてファンを止める)モードがなくて、自分の熱で飛ぶとかどうしようもない。
少し前のネタだけどこれが欲しい。

m1 Macに行く気にはならんが、Linuxなら。
むむむ、ちょっと高いかな・・・。

> 最小出資額は549ドル(約6万500円)
コンシューマ向けLinuxタブレット、ちょっと気になる
欲しくなった
「登場」って書き方なので、クラウドファンディングかなーと思ったらクラウドファンディングだった。/
使ってみたい
ハードウェアのスペックはなかなか高いが、Linuxである意味よな・・・

-
実は仕事に便利かも😑
LinuxタブレットならUbuntu Touchの方が先ですよね?ちゃんと販売もしてた。それが“世界初のコンシューマレベル”に値するかは知らない。持ってないんで |
 
PR
PR