TOP > IT・テクノロジー > この10年で最大級のインパクトをもたらしたRyzen 5000シリーズ。2021年、買うべきCPUはこれだ! - PC Watch

この10年で最大級のインパクトをもたらしたRyzen 5000シリーズ。2021年、買うべきCPUはこれだ! - PC Watch

33コメント 2021-01-23 09:55  PC Watch

 Intelが第10世代Coreシリーズ(コードネーム:Comet Lake)、AMDがRyzen 5000シリーズ(コードネーム:Vermeer)をそれぞれリリースするなど2020年はCPUにとって...

ツイッターのコメント(33)

供給能力ガタ落ちの所に最大級の需要を引き起こすとか(欲しい)
intelに甘々な記事を散々書いてきたインプレスも変わったな。
変わらないのは「intel載せたパソコン信者」な中年以上の管理職や意識高い系のオッサンww
もう少し下がってくれ…
x670は立ち消えた。USB4もDDR5もこれからだし、割とマジで2021は時期が悪い。次が
インテルオワッテル🥲
性能のAMD コスパのINTEL
まさかこんな事態になるなんて誰が予想しただろうか?
今、どのCPUを買うべきか? 新モデル登場の背景をまとめつつ、パワレポがゴールドレコメンドに選定した2製品を紹介! このほか主要CPU一斉ベンチマークやラインナップ解説についてはパワレポ2021年冬号にて!
さすがRyzen。
2021年もRyzenの勢いが続いていくのかな。
Ryzen5000って、そんなにインパクトあったのか。AppleのM1チップといい、この世界も勢力図が大きく変動しそうだな。

" "
買えないこと以外は完璧なCPU……。
違うな間違っている。この10年ではなくこの25年だと思う。PentiumMやCore 2やCore iシリーズやK6やAthlonを超えたよ。
ついに勢いが戻ってきたCPU市場。
アップルやGoogleやマイクロソフトも自社開発CPUに乗り出すことで、
AMD製やIntel製だけでなく、NVIDIA製(ARM系)CPUや新規参入もこれからどんどんコンピュータの世界を彩っていくかもしれない。

本当の公正な競争はここからだ。
この10年で最大級って、Sandy Bridgeは2011だし、初めてIntelを越えたZen2が2019だけど、そもそも売ってないZen3がどうやって上記2つに並ぶインパクトになるんだ。
> - とりあえず買えるようにしてっていう。
Impress にここまで言われてしまうと Intel ほんと苦しいな
「圧倒的じゃないか、我が軍は」はいいのだが、量産できないところは同じ(苦笑)。シェア取れる時に取っておかないとね。
AMDとIntelの仁義なき戦い。
在庫ないけどな
Athlon64の頃と今回が違うのがバランスが良いことやな。チップセットとかに変な癖とかがなく実用性高い。
Intelもぼーっとしてられなくなってとても良い感じだ。
16コアCPUを超える場面も!
現在のAMDを象徴する万能性
AMD Ryzen 9 5900X
深刻な品薄問題

新たなゲームキングの誕生!
6コアCPUの中で圧倒的高性能
AMD Ryzen 5 5600X
↓記事
2020年のCPU市場は誰の目から見てもAMDのワンサイドゲームだった。
楽しそうだなー。また自作er(AMDer)に戻りたくなる。
でも今となっては出来上がったPCの使い道がない😉
冗談じゃなくてIntelが完全に追いやられてしまった1年でしたね。どちらにしろ1強体制は悪いことにしかならないので、Intel今年は頑張ってw
5xxxG出たら買い替えだな - 5000シリーズ。2021年、買うべきCPUはこれだ!- PC Watch
intelとAMDの立ち位置も価格も逆転している.
ある程度出揃ったのでねらうのはこの辺か…在庫回ってくるのはいつ頃かなぁ
( ゚∀゚)o彡°AMD!AMD!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR