TOP > IT・テクノロジー > Windows 10でブルースクリーン発生の不具合。Thunderbolt SSD接続時に ~手動OSアップデートを行なわないようにと注意喚起も - PC Watch

Windows 10でブルースクリーン発生の不具合。Thunderbolt SSD接続時に ~手動OSアップデートを行なわないようにと注意喚起も - PC Watch

12コメント 2020-11-07 14:48  PC Watch

 Microsoftは、Windows 10のMay 2020 Update(20H1)および、最新のOctober 2020 Update(20H2)において、Thunderbolt接続のNVMe ...

ツイッターのコメント(12)

SSD接続時に(Impress Watch)

こういうのがWindowsアップデート怖いところ
ま た か。
「な、何をやっておるのだ」(自由惑星同盟軍第4艦隊司令官パストーレ中将)
Windows10)最新版でブルスク発生の不具合。Thunderbolt

May 2020 Update(20H1)および最新のOctober 2020 Update(20H2)において、Thunderbolt接続のNVMe SSDを利用した際に、ブルースクリーン発生する場合がるとか。怖い怖い

当面1909で留めておくのが賢明っすな
現在はOSのバージョンが上がらないように、互換性維持のセーフガードが適用されており、November 2019 Update(19H2)以前のWindows 10では、バージョンアップのためのアップデートが止められている。
最近のパソコンはMVNEのような接続をして。ハードディスクなんて過去の遺産のような感じだが。マザーボードやOSとの相性が結構あるらしい、、

SSD接続時に(Impress Watch)
thunderboltとwinの相性、もっと良くならんものか、、、
もう恒例行事化してるね。うちも20H1も見送ってるけど、いつになったら安心して移行できるんだろうか?
まあこわい
アップデートパッチの提供は11月下旬予定で、現状回避策は示されていない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR