TOP > IT・テクノロジー > Intel、144層のQLC NANDを2020年に「Arbordale+」として投入 ~クライアント向けSSDに96層QLCの「665p」もまもなく投入へ - PC Watch

Intel、144層のQLC NANDを2020年に「Arbordale+」として投入 ~クライアント向けSSDに96層QLCの「665p」もまもなく投入へ - PC Watch

10コメント 登録日時:2019-09-26 11:06 | PC Watchキャッシュ

 Intelは、9月26日に韓国ソウル市において同社のストレージ製品に関するイベント「Memory & Storage Day 2019」を開催しており、IntelブランドのSSD製品などに関して発表を行なった。...

ツイッターのコメント(10)

5bitセルとかやば
5bitは東芝が既に発表してるけど、PLCと書いてあった。ペンタのPだね。ペンタトニックとかの、、、って、音楽関係者しか伝わらんって(笑)
1セル5bitは、容量増加に対する性能低下が大きすぎてかなり厳しそうだが。特にbit数が多くなるほど増加率が下がるし(1が2なら2倍だが4が5になっても1.25倍でしかない) / “ ~クライアント向けSSDに96層QLCの「665…”
Micronとの合弁解消後、普通のNANDはMicronの管轄になると思うんで、Micron謹製ということなんだろうか。
しかし、QLCでも微妙な反応なところに5bitって凄いなそれは‥。
そんなに容量単価に対する要求が強いのか。
まあ何か技術的な見込みがあるんでそうね、知らんけど。
QLCの進化、普及が進んでいます。パワレポ秋号でもQLC SSDの特性について検証。見解をざっくりまとめると……数十GBクラスの連続書き込みは苦手。普段使いの性能はTLCと遜色ない。安い。>
>
144層QLCをDC向けのArbordale+として2020年に投入

QLCも300層くらいになればパフォーマンスマシになりそう(小並感
ついにPLCの話題が・・ /
Intelも5bit/cellの開発に成功した模様。
QLCかーうーん。TLC末期の製品をゲットしておこう
144層の3D NANDを来年に投入です
以上

記事本文: Intel、144層のQLC NANDを2020年に「Arbordale+」として投入 ~クライアント向けSSDに96層QLCの「665p」もまもなく投入へ - PC Watch