TOP > IT・テクノロジー > ノートPCの平均単価、CPUのハイエンド化で10万超え - PC Watch

ノートPCの平均単価、CPUのハイエンド化で10万超え - PC Watch

41コメント 登録日時:2019-01-28 20:02 | PC Watchキャッシュ

 株式会社BCNは、ノートPCの平均単価が例年と比べて上昇していると発表した。...

ツイッターのコメント(41)

10万円越えスマホが沢山有るから
間接的に価格上昇の後押ししてるんじゃなかろうか
性能の悪いラップトップって害悪そのものだからな。
これが1~2年後にはジャンク品で2万円切っているんだから驚きだよねー
Celeron搭載モデルじゃスマホタブレットと大差ないしなぁ。PCならではの作業するならPCならではの性能が欲しいよね
ノートPCがどんどんハイスペックになって単価も上がっている。少し前までみんなメモリ4GBで満足してたのにね。
/
ローエンドモデルがタブレットに移った・・・?
>単価上昇の要因として、おもにエントリーモデルにおいて、CPUにCeleronからCore i5/i7といった上位グレードのものを採用する製品が増え

セロリ入のラップトップを14万円で売りつけているメーカーが我が国にはあるらしい。
/
キャリアの通話できる機能が付いたらスマホ要らんのだよ、私は。
スマホの価格考えたら高くないと思えるんだ。実際に、T480Sを検討するときに真面目に悩んでそういう結論に至った。
CPUの高価格化というより、低価格PCの需要は丸ごとスマートフォンに奪われてしまったからに過ぎず、更にデスクトップ機の需要がノートPCにシフトした。単純に購買層がここに集中しただけで全体としては下落している。 / “ …”
確かに最近のノートPCって高い気がする
世界の物価が上がり続ける中、日本だけデフレしてるのも関係あるのでは? / “ Watch”
ノートPCを使ったことない新卒が増えているとは訊いてたけどこういった要因もあるのね
みんな高い金払ってmac買お!かっこいいよ、あれ!スタバでいじろ!

>>
3万円ちょいのノートPCを使ってますがなにか :
好景気なのか、intelのCPU不足で在庫が高価格帯に寄ったか -
むしろ何で毎年1月が一番安くなっているの?(一番高いのは3月。)ノートPCは1月に買うのが一番お得ということ??? / “1166888.html”
どこのメーカーも「i7 搭載!」などとCPUスペックを前面に出すけど、CPUなんて i3 で十分で、

・ストレージはSSD
・液晶はFHD

にするだけで格段に早く&使いやすくなると思うんだけどなぁ。
新規でPC購入予定の人、気軽に相談してw 報酬は缶コーヒー1本でw
ウェブ閲覧やOffice用途ではCPUの違いでどのくらいパフォーマンスが変わるのか、わかっていない私。
Macを購入する時点でi5になるのだが、windowsが必要なときにはCeleronで済まそうと思ってしまう。
しかしそのクラスだとメモリもストレージもしょぼいのでやはり不満。
こんな中でもレッツノートは「私の古い常識(使えるノートPCは20万前後)」範囲内の値段で頑張ってるのね。
最近、ラップトップに限らずデバイス市場全体で、ハイエンドとローエンドの間を埋める「ミドルレンジ」が薄いなぁと感じる...そら平均単価10万円超も納得よ。
安価な奴買うならタブ、スマホで良えわ。ってなってきたんだろうか

リーマンが持つパナの奴はもっとするもんなぁ
ゲーミングノートも関係しているんじゃないですかね?
世間はお金あるなぁ・・Coreシリーズで10万オーバーという事は、国内メーカー製のノートPC買ってるのかなー
コチラはASUSやacerだ。
ノートPCの平均単価が上昇↑
安価で使いやすいタブレットなどの需要が増えそうですね
もうゲーミングとか高いのしか売れないって事じゃ?
十万円ってCPU単体の価格じゃないのかΣ(゜Д゜)
ものすごくExcel 2003っぽいグラフが気になった(中身は読んでない /
ASUSが高級路線行き始めてからおいそれと定価付近でノート買えんよーになった。 / “1166888.html”
PCの長寿命化や人件費の高騰(人材難)も影響してそう。年間500万円の人が5年間使うなら、2500万円の仕事に影響が出る。1%効率アップのために25万円使うべき。
e-sportの影響もありそう!
最近だとゲーミングコーナー設置されてて、そこにあるノートPCは普通に10万超えてくるし。

ノートPCにGTX1080とか詰んでるもんなー。
これ、中古市場にも影響あるかな
高くするからスマホに客取られるのでは・・・
おもにエントリーモデルにおいて、CPUにCeleronからCore i5/i7といった上位グレードのものを採用する製品が増えてきている点を挙げており、販売台数の高い水準とあわせて、市況は好転しつつあるとしている。
スマホも年々高くなってるし
ゲーミングNBが少しずつ増えてることもあると思う。
でも結局は必要になった時が買い時なんでしょ。
明らかにAtomが開発終了した影響なんだけど、そこに割って入れないAMDの営業力のなさという問題でもあるんだよなー;
安いノート買うならタブレットとか買うしね。
ノートPCの平均単価は、例年夏から秋頃のピーク時から徐々に年末年始に向けて下落し、1月に最安値をつけるという動きを示すが、2018年に関しては月を追うごとに1,000~2,000円ほど上昇を続け、12月には104,500円に達している。
これは普及価格帯の販売が縮小してるってことだから、PC業界にとって非常に危険な兆候だ :
イノベーションやらなんやらってなんなのだろうね。その分の価格を上乗せしているだけならば、旧製品の置き換えにはならないし、進化や革新と言えるのかねぇ。パソコンスマホに限らず、いろんなものに言えると思うの。
安いノートとかってもうスマホタブレットに食われてるからだよなあ
以上

記事本文: ノートPCの平均単価、CPUのハイエンド化で10万超え - PC Watch

関連記事