TOP > IT・テクノロジー > 東芝、6分間の超高速充電で320km走行可能にする次世代リチウムイオン電池 - PC Watch

東芝、6分間の超高速充電で320km走行可能にする次世代リチウムイオン電池 - PC Watch

75コメント 2017-10-03 12:10 | PC Watchキャッシュ

 株式会社東芝は10月3日、従来品の2倍の容量を持つ負極材を採用した「次世代リチウムイオン電池(SCiB)」の試作に成功したと発表した。...

ツイッターのコメント(75)

これ三年前なのか…そろそろ実用化で出てくるかな?
あれ?6分320kmって現行のSCiB?次世代SCiB??2017年の記事だからどっちなんだろう
これってアシストチャリにも使えたらしゅんごい・・・
これでサザエさんのスポンサー復帰か❗️
これは国が税金出しても東芝を国営にして技術を囲うべき
先日高速のSAで充電していた人のEVの倍ぐらいの性能か。Fitのハイブリッドは1回給油で900km以上走るからなあ。
もうこういうの出てきてもまた経営者がぶち壊すんだろうなぁとしか思えんのじゃ
実用化して普及するほどコストが下がるなら一つのブレイクスルーであるが
ガソリンの給油とほとんど変わらなくなる
こういう技術があるから、東芝は潰れないし潰せない。役員がその上に胡坐をかかなければね。
長生きしなきゃな…😳
電気自動車の電池の課題と思う、1.充電時間、2.走行距離、3.バッテリーの劣化の3つのうち、充電時間の短縮で1と2をカバー出来る、という意味はあるだろうけど…まだ内燃機関には程遠いのー。3分で800kmでっせ。
ほぼガススタ給油時間並まで来たか・・・あとは実用化がいつになるやらだ
東芝大丈夫なの?
具体的な充電電圧、電流書いてないけど6分間で充電完了で
320km走行出来たら、日常的に給油要らずでガソスタ潰れ
まくるか、充電スタンドに鞍替えか
このニュースを見て「やっぱり商売下手だな」としか思わなかった
未来の若者の為にも、日本のモノづくり頑張ってほしい。
これ電気自動車に搭載されたら最高やな。
すごい。あれだけ大きいと、技術力ある人一杯いるだろうなぁ。:
結構なブレイクスルーな気はする。重量/容積対蓄電容量を改善するより、急速充電とセル寿命にフォーカスした方が技術革新進みそう / “ Watch”
電気自動車が遂に充電長過ぎ問題を解決てなきるのかな? 6分ならコーヒーでも飲んでる間に終わるし
ハイブリッド車や電気自動車の未来は明るい!
これは不死鳥 /
6分でそんなにか。
普通に凄くないか、これ。
・・・・必死だな。
生き返るのか、そのまま死ぬのか。
こりゃEV普及も待ったなしか…固体素子系のだよね…商品化もすぐに来そう。
そら自動車メーカーもEVバンバン出す宣言するわなぁ。
五千回充電しても10%の劣化だそう。これ凄いんじゃないか!?
6分だと充電ステーションの商売も成り立ちそう。あとTiとNbもそんなに高くないから材料も良さそう。
これ、実用化されたらすげーぞ…w
なるほどな~😌これは応用で携帯端末にも採用されてくるかも📱
すげー 商品化出来たらEVの世界変わるんじゃね?
ただ、会社が変わってそう・・・
とうとう最大の欠点をクリアしたね。320×5000回だと160万キロ?凄い耐久性だ
素晴らしい技術力があっても経営者が無能じゃなぁ…◾︎
なにこれしゅごい
ニオブみたいなレアメタルを使っていては実用化無理やろな。
劣化が少ないってのは正にEV向きだと思うし、SCiB採用のi-MiEV(M)も評判良いし、是非三菱EXコンセプトに採用して欲しい。
2019年まで東芝あるのかな(やめなさい / Watch:
東芝、6分の超高速充電で320km走行可能な次世代リチウムイオン電池
>>320km(※32kWh電池容量搭載のコンパクトEVを想定、JC08モード走行距離換算)
10Cで320km走れたら文句なしだが、そんな充電器は可能か?
すごいね…ほぼガソリン車と変わらなくなりつつあるんじゃない…
腐っても東芝ですなぁ(´・ω・`)
東芝の蓄電池(商品名:SCiB)、そんなにすごいやつだとは知らなかった。ってかそれをCMで流せよw
この手の技術開発、製品化を目指す、という記事から製品になった話を碌に聞かないのだが。
東芝の技術力は本物。
経営陣が刷新されればまだまだ伸びると思う。
凄いの来たな/
こういう技術がもっともっと進めばミラーレスカメラの電池問題なんか吹き飛んじゃうね。頑張れ、東芝。
もっと見る (残り約25件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR