TOP > IT・テクノロジー > 【笠原一輝のユビキタス情報局】ゲルシンガー氏がIntel新CEOに指名されたのは、巨艦Intelの新しい舵取りに必要な資質 - PC Watch

【笠原一輝のユビキタス情報局】ゲルシンガー氏がIntel新CEOに指名されたのは、巨艦Intelの新しい舵取りに必要な資質 - PC Watch

24コメント 2021-01-14 10:07  PC Watch

 業界人なら誰もがあっと驚く発表をIntelが行なった。ニュースで紹介しているとおりIntelは現CEOのボブ・スワン氏が2月15日をもって退任し、かつてIntelのCTOや上級副社長などを歴任したパ...

ツイッターのコメント(24)

これからIntelがどうしていくかが楽しみです( º(エ)º )クマー
ゲルシンガーって、あのパット・ゲルシンガーか!さすがの笠原さんの良記事。
"いずれも数字に詳しく、ファイナンスや会社経営に精通しながら、テクノロジーに関してはエンジニア並に詳しく自分の言葉で説明できるというCEOだ。" ゲルシンガー氏がIntel新CEOに指名されたのは、巨艦Intelの新しい舵取りに必要な資質
"ギャンブル化する製造プロセス"
"どれが当たりかは蓋をあけるまでわからないのに、ずいぶん前から手付金を払ってラインを抑えないといけない"
Intel は自社ファブと他社ファブのいいとこ取り以外に選択肢がない

長期的には自社ファブ独立の選択肢もあるけど、まだメリットがデカイ
パットに対して、なかなか客観的な視点を持つことが出来ないのだが、社内政治を御していくことが出来るのかが、やはり不安の種。テクノロジーベースでは問題ないだけに…。

ゲルシンガー氏がIntel新CEOに指名されたのは、巨艦Intelの新しい舵取りに必要な資質
IntelがTSMCにCore i3の製造を委託だと…
てかなんでi3から
課題山積なINTCがCEO交代でどこまで戻すか…
ゲルシンガー氏とはまた懐かしい名前が。

「CEOレースに負けたことが、結果的には他社での成長に繋がった。最適な人材では」と。

なるほど。
いやー楽しみだな。ぜひ復活して欲しい。

”EMC/VMwareで経営者としてキャリアを積んできたことで、テクノロジーと経営の両方をバランス良く見通すことができるタイプの経営者に成長”

【笠原一輝】ゲルシンガー氏がIntel新CEOに指名されたのは、巨艦Intelの新しい舵取り‥
ぜひインテル復活して欲しい
びっくり!ゲルシンガー氏が帰ってくるとは。
>自社工場とファウンダリのハイブリッドになる可能性が高い
そう思う。
Intelの強みは設計製造全てを自社でまかなえる(特化できる)事で、プロセスを独占使用できた結果、ファウンダリを使ううメーカーと比べて利益率が今でも高い。
その強みを捨てる理由はまだ無いと思う。
興味深い /
笠原さんのさすがすぎるゲルシンガーCEO就任の解説記事。CES期間中だし人事発表されたの前日なのにこの情報量………
TSMCに強いメーカをチェックしておくか
>Intelが今年の後半から大量出荷版となるCore i3の製造をTSMCの5nmで製造し、ハイエンド製品は2022年の後半にTSMCの3nmで製造を開始すると決定したと報じている。
>自社の工場とファウンダリの両方を利用する()へ移行する
「ゲルシンガー氏は1979年に18歳でIntelに入社し、その後Intelに通いながら大学の学位を取得した」・・・へぇ,たたき上げのトップか。>
ゲルジンガー氏がIntel新CEOに指名されたのは、巨艦Intelの新しい舵取りに必要な資質
詳しい話があった。
ぐりぐりの技術系の人物がintelにCEOとして戻ってきたのか。intelの名札で写真とかを見るようになるのは久しぶりか。
【笠原一輝のユビキタス情報局】ゲルジンガー氏がIntel新CEOに指名されたのは、巨艦Intelの新しい舵取りに必要な資質 -
巨大半導体企業のCEOはテックと財務両方見れないと厳しいので、一度intelから出ていったゲルシンガー氏が戻ってきたと
やはりIntelは技術系CEOじゃないと厳しいよなと

逆にAppleはCFO出身で巧く回っているけど、正直迷走気味で
技術的に秀でたものがないAppleは、リアリストなCFOじゃなくてビジョナリーなCEOじゃないといずれ行き詰まるだろうなと
一夜開けてこれだけ書けるのはさすがだなー。わかりやすい。

ゲルジンガー氏がIntel新CEOに指名されたのは、巨艦Intelの新しい舵取りに必要な資質 -
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR