TOP > IT・テクノロジー > 【笠原一輝のユビキタス情報局】コーヒーの後はウィスキーを飲んでアイスを待つ“異常事態” ~Intel、2018年に4番目の14nmプロセッサ「Whiskey Lake」を投入 - PC Watch

【笠原一輝のユビキタス情報局】コーヒーの後はウィスキーを飲んでアイスを待つ“異常事態” ~Intel、2018年に4番目の14nmプロセッサ「Whiskey Lake」を投入 - PC Watch

22コメント 登録日時:2017-12-28 16:26 | PC Watchキャッシュ

 Intelは、12月中旬に同社のWebサイトを更新して、新しい謎の新コードネーム「Whiskey Lake」(ウィスキーレイク)を明らかにした。ただし、説明として「Client Notebook Platform Code Name」(クライアントノートブックPC向けプラットフォー...

Twitterのコメント(22)

この記事の斜め上行って、
米を食うが追加された。または隕石が落ちる。
「Cannon Lakeに関しては(略)ロードマップにはYシリーズのみが残り、2018年の半ばに出荷という状況になった」らしいけど実際は出てきてないし、YプロセッサがターゲットとしてるファンレスPC市場はarmが代わりに頑張ってほしい
今にして思えばこれは開発が遅れてるっていうか脆弱性どーすんべって悩んでたのかな
> Ice Lakeの延期の原因として考えられるのは、何らかの設計変更をしているため、2019年に延期されたということかもしれない。

あっ(察し)
10nmは難航しているということね。
CPU
Intelの偉い人が業務中に飲むものでコードネームを決めているのだ!!!!(根拠ゼロ

コーヒーの後はウィスキーを飲んでアイスを待つ“異常事態”
コーヒーの次はウィスキーか...
デデドン!(絶望)
ぐへぇ・・・難産だなぁ
えっIceの前にまた増えるという形なの(´・_・`) / “ Lake」…”
飲み物lakeが続いてるので、今度はToyako-no-Tsuyu Lakeを作ってほしい。
ウィスキーは酔うからコーヒーにしておきたいが、i7-8700売切ればかりだからRyzen7-1700で組もうかな?!
Intel終わったな。来年も10nmを出せないのか。 - Intel、2018年に4番目の14nmプロセッサ「Whiskey
結局コーヒーブレイクと揶揄されてる
Intel本当に大丈夫かこれ/
「業界ではCoffee Lakeの存在が明らかになった後「コーヒーブレイク」とあだ名で呼ぶ関係者が多かった」「次は「ウィスキーブレイク」(ウィスキー休憩)も挟んでしまうことになるだけにIntelとしてはまさに異常事態と言える …
もうなんだか、グダグダじゃないですか? / “ - P…”
Intelはコードネームでアイリッシュコーヒーを作るつもりか
タイトルが良い。
以上

記事本文: 【笠原一輝のユビキタス情報局】コーヒーの後はウィスキーを飲んでアイスを待つ“異常事態” ~Intel、2018年に4番目の14nmプロセッサ「Whiskey Lake」を投入 - PC Watch

関連記事