TOP > IT・テクノロジー > 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】AMD Ryzenの「Zen 3」と「Zen 4」アーキテクチャ - PC Watch

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】AMD Ryzenの「Zen 3」と「Zen 4」アーキテクチャ - PC Watch

24コメント 2020-10-14 07:01  PC Watch

 AMDは、次世代CPUコアアーキテクチャ「Zen 3」を市場に送り出す。Zen 2から1年で次のマイクロアーキテクチャへとステップアップする。

ツイッターのコメント(24)

> Zen 3の強化は、実行エンジン部ではなく、フロントエンドとデータムーブメントにある
来年のZen4待機マンになります。
それまでに自分のスペックと貯金を上げて貯めておこう
以前はIntel CPUでこういう記事を毎年読んでいた記憶があるけれども、今はAMD CPUがそういう感じになってるな...
Zen3はスキップ、Zen4まで待つことにすべきか。
>Zen 4世代になると、同じマイクロアーキテクチャでも、プロセスだけで、最大で25%の性能/電力アップを見込むことができる。
自分はこのまま1700 + B350 + DDR4を抱えて心中かな。どうせマザーボード替えるなら、Zen4以降まで行った方が良さげ。
そうなんだよね。Zen 3でIntelが悪戦苦闘している状況なので、次のZen 4が来たら、間違いなくとどめが刺されるレベル。かつてのBaniasのような隠し球があればいいが、そんな状況にないわけで。プロセス微細化でも…。

AMD
“言い換えれば、AMDのZenラインナップは、次のZen 4で、さらに大きなチェンジが予想できるということだ。”
安定の良記事
みてる :
ZEN4は5nmか。自分はこういう記事は大好き。でも多くの人にとってはキャッシュ統合とかサイズは気にしないのよね。
ファウンドリとデザインが一体化した結果Tick-Tockが崩壊したIntel、ファウンドリを手放して最先端に乗っかった結果Tick-Tockを実現しつつあるAMD…… -
Zen4~5待ちかなーーーーーー
5nmならZen4もかなり進化しそう
Zen3のポイント
・L3キャッシュ共有の仕組みを変えた
・キャッシュのプリフェチ、分岐予測、データのロード/ストアなどの向上によるIPC向上
・ブーストクロックが更に上がった
7nm最適化の最終形態。5nmのZen4にも期待ですね
>AMD
20年前の半導体製造プロセスルールは130nm (0.13μm) とかだったのに、今や5nmか。
プロセスルール7nmから5nmに微細化されるZen 4で自作PCを一新したい。Sandyおじi7-2600K GTX 980
Zen3は回路の最適化、Zen4はプロセスルールの刷新か。そのへんはIntelも同じような流れでやってたよね。
進化はひとつづつ。飛ぶと問題の元がわからなくなりやすいからね。
後藤さんの記事
Watch: AMD Ryzenの「Zen 3」と「Zen 4」アーキテクチャ.
これの5nmでも速度重視が登場するには時間がかかる話を考えると、Apple Silicon でも本命となる高速 CPU は来年になっちゃうんだよなぁ

早くほしいという気持ちと、高速なノートPCが欲しいという気持ちと、バッテリの持ちの良いノートPCが欲しいという気持ちがせめぎ合う
「7nmプロセスへ移行したZen 2で、大幅なトランジスタ増加が必要となる浮動小数点SIMD(Single Instruction, Multiple Data)演算ユニットの強化が図られている」・・・ほほう。>
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR