TOP > IT・テクノロジー > 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】Intelの次世代CPUマイクロアーキテクチャ「Sunny Cove」 - PC Watch

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】Intelの次世代CPUマイクロアーキテクチャ「Sunny Cove」 - PC Watch

20コメント 2018-12-17 15:29  PC Watch

 Intelは、次世代のCPUマイクロアーキテクチャ「Sunny Cove(サニーコーヴ)」の概要を一部明らかにした。

ツイッターのコメント(20)

これなんだよなぁ…
そろそろフルスクラッチしないとやばいと思うよ。まだIntelは油断こいてるね。
いよいよ来年にIntelの10nmが登場
AMDの7nm、「Zen 2」と合わせてどうなるか楽しみ
>Intelは、2019年にはそれらの問題を解決した10nmプロセスで、Sunny CoveマイクロアーキテクチャのCPU製品を出荷できると確信を持ったとみられる。
今回もNehalemの延長でIntelのフルスクラッチのアーキテクチャーは当分出なさそう。
Coreベースの追及はそろそろ本当に限界がきているように思える。果たして「これでいいのかしら?」
もう全く意味がわからないよ
マイクラとかで電卓を作ってるとわかるようになるのかな…w
インテルサチってる
Intel頑張れよオルアァ!
「Intelの10nmプロセスは、他社の7nmプロセス相当のスペックであるため、Intelの7nmは、他社の5nm相当か、それ以上の可能性がある。」

まじか( ;・`д・´)ゴクリ
Intel, 10nmプロセスのSunnyCoveを2019年に出荷予定。汎用 3D stacked SoCの設計技術Foverosも。
みてる : -
細かい事はサッパリだけど、力業の設計はもう限界でしょ。
ムーアの法則とやらが破綻して久しい。
今後はアーキテクチャの最適化で稼ぐ時代。
まぁ既にフルスクラッチで始めてても4年後とかになるか、、、。
???「intelの10nmは他社の7nm相当!!」
んー・・・やっぱりIce Lakeを待たずに、CNL-PCH搭載のWhiskey Lakeでパソコンを買い換えようかな。
なんとなくの更新時期は越えてしまっているけどそろそろ行けるかな。/更新時期
CPUコアは開発中のIcelakeまんまだと思う。まさかの天才インド人入社でGPUを当初の予定より大幅に強化したのがSunny何じゃなかろうか。
@pc_watch 現状のプロセスをどうにかしない事にはどうしようもない気がする。10nmは軌道に乗るのかなぁ
>"Core系マイクロアーキテクチャの、複雑な命令発行ポートの配置などはそのまま継承されている。"
全く新しいものではないらしい。
>AMDの方式はクリーンなアーキテクチャとなり設計のメインテナンスをしやすい利点はあるが、バグを孕む可能性がある。 の意味が解らない また、前文を読む限り、一部を再設計して既存は継承という印象しかないので、もう少しクリーンな記事を書いてほしい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR