TOP > IT・テクノロジー > PC Watch > 【山口真弘の電子...

【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】「iPhone X」で電子書籍。独自画面レイアウト/操作体系による電子書籍との相性は? - PC Watch

11コメント 登録日時:2017-11-13 13:28 | PC Watchキャッシュ

 「iPhone X」は、Appleの5.8型スマートフォンだ。従来のTouch IDを廃して顔認証であるFace IDを導入したほか、ベゼルレスのデザイン、有機ELディスプレイの搭載など新機軸の試みが目立つ、これまでのiPhoneとは一線を画する製品だ。...

Twitterのコメント(11)

X」で電子書籍。操作体系による電子書籍との相性は? - PC Watch
有機ELディスプレイの搭載など新機軸の試みが目立つ ⇒JOLEDはゲーミングに力を入れてる。電子書籍用の白黒有機ELの値段は?
iPhone XのSafe Areaに対応してないって問題 :
毎回、東京トイボックスばかりなのはなぜだろう?
この記事にある「テキストコンテンツは天地いっぱいまで表示」した状態か(^_^;)
とはいえ総合系ストアのヘビーユーザは iPhone なんてどうでもいいんじゃないの(iOS のストア は Web で買うより高くつくから)。知らんけど。 /
『避けてとおれないのも事実』避けちゃって良いんじゃないですかね。この酷い物がこのまま継続するのを避ける為にも。 「iPhone
有機ELの新iPad miniが電子書籍、とくにコミックを読むときの最高級機種になるんじゃないかと思ってる。 /
そうそう、画面サイズを無駄に縦長にされても電子書籍とかではあまり嬉しくない:
記事でもぼろくそであった »
やはり縦書きの本を横書き表示できれば変わりそうですね。あと斬新な端末の持ち方に驚きました。そして、そろそろ大東京トイボックスは飽きました。許可の問題でしょうか。 /
長年言ってきたアプリ切り替えの非ボタン依存は良いが・・/
以上

記事本文: 【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】「iPhone X」で電子書籍。独自画面レイアウト/操作体系による電子書籍との相性は? - PC Watch

関連記事