TOP > ネタ・話題 > これでお別れ ファントム飛行隊最後の百里基地航空祭 | おたくま経済新聞

これでお別れ ファントム飛行隊最後の百里基地航空祭 | おたくま経済新聞

2019年12月1日、茨城県の航空自衛隊百里基地で航空祭が開催されました。今年度で第501飛行隊が解散、来年度は第301飛行隊がF-35Aに機種転換と、航空自衛隊のF-4飛行隊にとって最後の航空祭ということもあり、多くの人が別れを惜しんでいました。...

ツイッターのコメント(11)

古くなって使い物にならなくなった機械を捨てるっていうだけの事

だけど

国防の最前線で一緒に戦ってきた仲間の引退をファンと共に盛大に祝い送り出す日本人・自衛隊の心が私は大好きだ

F4といえば
エースコンバット5の
ハートブレイク・ワンが浮かぶ
→あって良かった、前日券
昭和47年。日本でのF-4EJ運用開始と時を同じくしてこの世に生を受けたナガパチ。
感慨深い…。
新谷かおるさんの『ファントム無頼』を読み返そう…。

というか洋上迷彩のF-4カッコよすぎる…
気がつかなかったところも、詳細に書いて頂いて、大変良い記事でありがたいです。
ありがとうございました。
退役前にファントムの飛んでる姿をもう一度生で見たいなぁ・・・
さらばファントム! さらばファントム無頼(ちょっと違う
F-4EJ,そして同改。
思い出の飛行機です。
撃ったら回避しないと自分の撃った弾に当たるノーズのガンポッド、操縦と攻撃を分けた複座のキャノピー、使われないアレスティンガーフック。
どれも好きでしたね。約60年、お疲れ様でした。
観に行きたかったなぁ・・・
ファントム飛行隊最後の百里基地航空祭>
以上
 

いま話題のニュース

PR