TOP > ネタ・話題 > 戦国時代の兵法をガチ研究する武術家に話を聞きに行ったら「セイバー(Fate)の見えない剣が最強」というまさかの展開になった【功朗法総師範:横山雅始インタビュー】

戦国時代の兵法をガチ研究する武術家に話を聞きに行ったら「セイバー(Fate)の見えない剣が最強」というまさかの展開になった【功朗法総師範:横山雅始インタビュー】

「初撃は何があっても避けろ」我々取材陣を前に、一人の武術家は語った。彼の名は横山雅始氏。氏が提唱する『総合実戦護身術“功朗法”(こうろうほう)』は海外の警察組織でも指導され、世界中から横山氏のもとに格闘家たちが教えを請いに集まっている。さらに武術家たちの間だけでなく、武術監修の側面から映画やアニメといった界隈からも横山...

ツイッターのコメント(180)

なるほどー。
@catpullpull 体育、苦手だったし、今も運動能力も低いのですよ…。

集団戦の中で目立つタイプかもしれません。師匠がそれっぽい話をしてます

…あ、バスケやサッカーもそうか
サブカルに造形が深い日本古武術研究家の方のインタビュー、めちゃ面白かった。実は火縄銃より弓が強かったとか、戦国時代の槍はしなりが強かったから突くより叩くほうが威力あったとか、知らなかったこといっぱいだった! ガチ甲冑合戦参加してみたいな
これだこの記事。
教える職業のために実用的ではない技の数が増えた、という武術・剣術のお話。
滅茶苦茶面白いわ。
今まであまり興味なかったけれど、このガチ甲冑合戦、めっちゃ面白そう。
めっさ面白かった。ガチ合戦も正確というわけではないと自分で言っちゃうし。
めちゃくちゃ勉強になった!これぞ兵站の知識!
これめっっちゃ面白くて一気に読んじゃった!
また後で読むメモ。「槍は突くより叩いた方が強い」とか面白い
Fateのくだりもすごく面白いけど他も面白いから読んでほしい!
後で読む。
話し割と長いけど面白いな
こんな刃牙に出てきそうなオッチャン本当にいるんですな。それにしても、セイバーの見えない剣が最強ですか
非常に興味深い内容だった。戦国時代と近代との比較も見てみたいもんだなぁ
「銃の本質は貫通力でも射程でもない銃の本質は恐怖、あの音と煙が上がると誰かが死ぬ。二射目でそれをわかる。そして一度それをわかればもう前へは進めぬ。火薬の最たる効果は身を焼く炎でも切り裂く破片でもない音と光、衝撃と畏怖、恐慌。それは大砲でも鉄砲でもみな同じ」
【功朗法総師範:横山雅始インタビュー】

おお、功朗法の先生だ。
おっしゃる通り、武術と戦は違いますが、軍隊の運用や国の治め方を身に着けるために剣を学ぶのです。
すべてはつながっています。
「普段の道場の稽古やジムの練習では目立たない存在なのに、ガチ甲冑合戦のときになると強かった人はいましたか?」
「います、います! そういう人はいますよ」
かなりガチで研究&実践してる人だった!面白い!ドリフターズの話も出てきた!
@kootahirano
関東で開催されるならちょっと参加してみたい。;
面白い!勉強になるな~。
御手杵は本来は刺すより振り下ろす方が得意そうw
映画刀剣乱舞、横山先生が自らwww

>戦国時代の兵法をガチ研究する武術家に話を聞きに行ったら「セイバー(Fate)の見えない剣が最強」というまさかの展開になった
タイトルがアレな感じだけど、内容はとても面白かった。

Fateってつけとくとクリックされやすいから無理矢理つけたみたいな感じなのかなぁ。

戦国時代の兵法をガチ研究する武術家に話を聞きに行ったら(略)
おもしろかった。映画とうらぶの話もあるよ
めちゃくちゃ面白かったからみんな読んで
めっちゃ面白かった
とてもよい記事だった
タイトル詐欺
中身は面白い。こういう見出し、滅びれば良いのに
面白い記事だった…!ガルパンも刀剣乱舞もドリフターズも知ってる先生だと例えが一々分かりやすいな…。
兵法イメージを覆されてホエーとなった所でFateやとうらぶの話題になるもんだから、超面白い記事だった…
@zaylog ご存知かもしれませんが、この記事を思い出しました
実に興味深い記事だったわ…
この人にUBWの戦闘シーン解説してほしいわw
久々に面白い記事を読んだ
最高に面白いーーー!!!!
対甲冑では、槍は突くより叩く方が実戦的、か。

私の習う沖縄の古武道(帽術)も、形は叩いて叩いて叩いて、からの突き。

叩く動作が華麗に見えるために、実戦的な突きが廃れたのだと思った時期もありましたが、あれこそ実戦的だったのか?
|  「槍は怖えぞ」は聞いてはいたが…え、先端衝撃2tとかいくの…? いや即死兵器じゃん…そりゃあ兵器の王とか言われるわ…
めっちゃ色々観てるな!
>『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』だとか

|
記事に書かれているような江戸時代の兵法しか調べてなかったので戦国兵法の話は新鮮で面白かったです
むっちゃおもろい
ガチ合戦、参加してみたい
合戦10vs10の話が完全にアーマードコアでやったやつだったw
忙しいのに逃避でついつい読んでしまう。面白い。---
ぶっちゃけ、戦場で同じ敵に二度出くわすのは稀なんだから、初見コロしが基本なんだよなあ。
一対一も、当身だの関節だの何だのじゃなくて、「ひっくり返して、押さえつけて、首を引っ掻く」のが正解だと思う。
ドリフターズの話出てきてとても喜んだ
“インビジブル・エア”って単語が、するっと出てきて噴きそうになったwww
ガラスの剣(魔術士オーフェン)がここにきて再評価?(されません)

|
実際にやってみた人の話というものは説得力があって面白い。//
|

めちゃくちゃ面白い記事なのでみんな読め
実に興味深い内容だった

|
「憲兵10人のうち銃を撃てたのが二人。一人が相打ちで、あとは全部刺されました」「『映画刀剣乱舞-継承-』お伺いしたら、火矢や火攻めということで。「私が入るわ」って言って、一番前で弓矢のシーンを演じたり」 兵法研究武術家「セイバー(Fate)の見えない剣が最強」
皮ごと食べられるバナナ
とうらぶの火矢のシーンで実際に出演したんかwww

|
何気なく読んだらめっちゃ面白かった。写真がどれも良い→
「戦国時代から時代が下って、武術家たちが自分の門弟に武術を教えるようになると、技の数が多いほうが凄そうに見えるし、生徒たちの覚える時間がかかるから都合がいい…6つしか技がなければすぐ覚えられます。しかし、それが100あれば当然2~3年は修行に時間がかかる」
読み応えのある、良記事でした。
|
めちゃめちゃ読みごたえがある面白い記事だな・・・集団戦法についてはスプラトゥーンとかでも言える事よね
うはー、これはすごい。めっちゃ楽しそう
|
こういう記事いいなあ。んで、記事内の合戦中継って今日やったのね…
めっちゃ読んでしまった。面白かった。
|
めっちゃ面白い記事じゃった...(´ω`)
いい記事だった!
|

平野耕太先生は、どこでこの知識を得たのか気になる。小手返しについては思ってた通りだった。
この記事、ヲタクだったら必読です。読んでおいて損はありません。
これは面白いな~(笑)
面白い記事。創作者にとっても時代と世界設定に対する武器の有用性を考えさせる話だな。
戦国武術と江戸武術の違いなど、面白うございました。
殺法の強さは戦場が決めるんだなあ >>
躁市販の優れた所は実践した事です。だから説得力が有り面白い読物だった。題名で避けるのは勿体無い。|
ガチ兵法面白い!やっぱ長槍つえー。刺さずに叩きつけの方が強いのか。目からウロコ。
槍は強度さえOKなら振り下ろすのが強いとあり、しなる書文さんの槍を思い出した。
読み応えがあるので歴オタやアニオタのフォロワーさんは是非!
これは面白い♪
(*´∀`)
「こんな仕事もういいや、一日でできるわって思いながらアニメ見て遊んでる」共感
この記事より前に元記事読んだが、流石のDWJもリツイートせざるを得なかった。

戦国時代の兵法をガチ研究する武術家に話を聞きに行ったら「セイバー(Fate)の…
ドリフとかFateとかの話しとる🙄
竹の長槍で叩くのが有効だったとか、江戸以降の武術は甲冑付けてない前提とかなかなか面白い話 >
|

集団戦では目の前の弱い敵を倒せないという話が生々しい。甲冑相手には関節技が通じないとか。指取りはやはり有効なんだな。
めっちゃ面白い記事。月並みな「兵法」からはわからない、まさにガチな知見が得られましたわよ >
|
実際どうだったの?って検証は好き。
戦国時代の実戦武術と平和な時代に発展した武術の違いとか、とても面白い。
戦国時代の戦い方が槍で叩くものだったとはね…長いけどあまりに面白くて一気に読んだ。日本甲冑合戦の会のイベントも面白そう。【功朗法総師範:横山雅始インタビュー】
明日参加するイベントの総師範へのインタビュー

経歴も知れておもろかったっす
初撃の速さと間合いが武器の強さを語る上では大事なんだね。
「武術家としたら相手の武器が不可視とか嫌過ぎる」ぐらいの話じゃねーか
| -
古武術は戦国時代の甲冑を着ると使えない、なるほど
読み応えありすぎる。戦国武術が集団戦特化で槍最強の下りは、本田忠勝の最強っぷりの一端を見た気になった。
/“ ”|
ガチだった
もっと見る (残り約80件)

記事本文: 戦国時代の兵法をガチ研究する武術家に話を聞きに行ったら「セイバー(Fate)の見えない剣が最強」というまさかの展開になった【功朗法総師範:横山雅始インタビュー】

いま話題の記事