TOP > ネタ・話題 > ゲームが自我の境界を曖昧にする。初台ICCのアート展「イン・ア・ゲームスケープ」 | ヌートン 新たな情報未発見メディア

ゲームが自我の境界を曖昧にする。初台ICCのアート展「イン・ア・ゲームスケープ」 | ヌートン 新たな情報未発見メディア

20コメント 登録日時:2019-02-07 17:13 | ヌートンキャッシュ

ヌートンは、「新たな情報未発見メディア」をキャッチコピーとし、まったく役にたたない情報や視点を変えただけのハウツー、趣味丸出しのニュースなどを発信し、インターネットに余計なデブリを増やしていくWebサイトです。...

Twitterのコメント(20)

昔、伊藤計劃が「ゲームはまだ物語からしか批評されてない」と言っていたけれど、物語部分以外の表象にも触れられるようになってたんですね
だれか一緒に行かんかえ
オープンスペースのほうも観たかった
これすごい行きたいのよなー
これめっちゃ行きたいです
これ見に行きたいな!
気になる…(๑╹ω╹๑ )
こういうイベントに溢れててほしいね
今日はこれ行こうかな。
行きたみある。暇になったら行ってみるか
ありがたいレポート。
めっちゃおもしろそ〜!
ゲームあんまりしないけど グリッチノイズと8bitが大好きだから行きたい。行こう。
面白かった。マネキンだけ立ってる無人の街を映すゲーム画面とか、GTAで警察に執拗に追われる鹿の映像とか、変なのがたくさんある。
面白そう。/
ちょっと気になる
ゲームが自我の境界を曖昧にする。初台ICCのアート展「イン・ア・ゲームスケープ」(ヌートン) :オモコロ
以上

記事本文: ゲームが自我の境界を曖昧にする。初台ICCのアート展「イン・ア・ゲームスケープ」 | ヌートン 新たな情報未発見メディア

関連記事