TOP > ネタ・話題・トピック > ヌートン > 「作者印税は宣伝...

「作者印税は宣伝費に全額突っ込みました」ラノベ作家が自腹でアルタ広告まで出す理由 | ヌートン 新たな情報未発見メディア

49コメント 登録日時:2017-07-12 11:44 | ヌートンキャッシュ

ヌートンは、「新たな情報未発見メディア」をキャッチコピーとし、まったく役にたたない情報や視点を変えただけのハウツー、趣味丸出しのニュースなどを発信し、インターネットに余計なデブリを増やしていくWebサイトです。...

Twitterのコメント(49)

ちょっと話はそれるんですけど、ここにも通ずる話だと思うんですよ
こういう事案も。
ただこれはアリだと思う。変に広告代理店挟むより直の方が安いしな。
あとGA文庫ってソフトバンクだよな。なんか広告費とかケチそうだし
こういう型破りな人めっちゃ好きだし、考え方が面白いし、マジで実践してるのも本当にすごい。
Amazonのレビューが5つしかないところを見て思ったのは「片っ端からラノベ好きを自称する有名なレビュアーに献本していった方がよかったのでは?」という所。自分のところから同じ本が何十冊と売れたことあるから言う / “「作者印税は…”
ライトノベルって発売から1週間でどれだけ売れるかが勝負なので、「有名作家」という肩書きが全くない状態だと、このくらいしないと注目を集められないんじゃないかなって思い切ってやりました。
この記事読んでつい買っちゃったよ…
■今は別の会社で活躍されているであろう元上長も営業畑の方で、彼の考え方はよい刺激になり、勉強になりました。
これ読んでて、いまや、ストーリー性があるジャンル作品は瞬発力or中毒性がないと成り立たないんだーと思ってみました。
行動も指針も、実に興味深い
気持ちはわかるが通例になって欲しくない /
@TAK_MORITA 兼業だから出来るのかもしれませんがこんな人も!
これは面白い試みだなあ。:
こう言うのも企業戦略の一つですよね。
でも一歩踏み出すには相当の勇気が必要。(-.-)
この作者の前向きさ加減素晴らしい。
営業職の発想や、副業っていう部分を差し引いても、おもしろいとおもう。
でもこれ本来出版社がやるべきことだよなぁ。この広告で売れても出版社取り分は変わらないのかな? / 新たな情報未発…”
youtubeの広告が最後まで見られなきゃ広告料かからないってすごくない?>
普通に面白そうなやつや
副業の収入を副業に再投入している。副業が単体で成り立つ商売か観測しているのね。仮にラノベ作家を本業にするなら「コントロールできることは多い方がいい」のは納得。 / “「作者印税は宣伝費に全額突っ込みました」ラノベ作家が自腹でアル…”
おもしろい試み /
気持ちいい突っ込み方だな。/【PR】
面白い取り組み!応援したくなる。
営業職だからこその発想なのかもしれないが、営業職だったら出版社から広告費を引っ張ってくるのが仕事ではないのか……。出版社側は作家が勝手に利益無視で広告出してくれるから喜ぶだろうけど。 / “「作者印税は宣伝費に全額突っ込みました…”
自分で動いてるだけ、この作者さんは偉いな
出版社のマーケティング部門が無能か、有能か試される /
このスタイル好き。
ポジティブ宣伝好き。
|  という訳でなるべく【PR】てある記事はクリックしてく週刊。何故かはてブにしかないけど。営業職らしい技ですなあ、編集・会社がやるべきとこですよ
出版社に「広告費相当分の利益はくれてやるので、その分はこちらの予算で広告させてくれ」って言う理解。出版社の利益はそれ程増えないだろうけど、選択肢のひとつとしてありだと思う。けど、全ての作家にこれを要求される様になったらやだなぁ。
セルフプロモーションいいと思うけど、こういうのやりすぎて出版社から止められたりとかはないものか… / 新たな情報未発見メデ…”
面白い試みで応援したくもあるが、確かに「出版の仕事とは」ってのと、これ当然出版側の許諾を得てる訳で、見方を変えれば「リスクを全部作家に押し付けた広告をOKしつつ利益は従来通り取る」にもなるのがなー。 / “【PR】「作者印税は宣…”
専業ではないからこそ、冒険ができるわけですね…!
面白い /
これはこれで有りとは思うが、印税率上げてもらうとかしておかないと出版社が楽するだけだな。 /
試みは面白いけどアルタビジョンでラノベの読者にリーチするんだろうか…… /
Feather……いやなんでもない /
"全部視聴しないと広告料が発生しない課金形態なんですよ。ユーザーがスキップするとお金が発生しない" YouTubeの動画広告ってそうなんだ! / “【PR】「作者印税は宣伝費に全額突っ込みました」ラノベ作家が自腹でアルタ広告まで…”
……っていうタイトルの本なのかと思った
本業があるからとはいえ、大胆で面白いですね。
GA文庫から7月15日に発売されるライトノベル『学園交渉人 法条真誠の華麗なる逆転劇』。広告費を作家個人が出してるそうなので、著者の柚本悠斗先生にインタビューしてみました。 / “【PR】「作者印税は宣伝費に全額突っ込…”
どんな広告記事だよこれ
“テレビCMは「この商品良いですよ」って言うだけで「買って下さい」とは言いません。「CMを流すこと=買ってください」って意味なので。” / | …”
そ、そうきたか… “この記事、GA文庫から7月15日に発売されるライトノベル『学園交渉人 法条真誠の華麗なる逆転劇』の広告記事なんです。 ” / “「作者印税は宣伝費に全額突っ込みました」ラノベ作家が自腹でアルタ広告まで出す理由…”
本業営業の副業作家が本気出したらこうなるのか…すごい
お見事
面白そうだ
ラノベ1巻にそこまで宣伝かけるんだな……(そもそも広告するような場が少ないというのも事実)
以上

記事本文: 「作者印税は宣伝費に全額突っ込みました」ラノベ作家が自腹でアルタ広告まで出す理由 | ヌートン 新たな情報未発見メディア

関連記事