「ミトマの英語は頼もしい」米記者が絶賛…なぜ“三笘薫の現地動画”に驚いた? 「細かいミスはあるが…」「堪能さよりも『何を話すか』」 - サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー

12コメント 2022-11-25 06:19|Number Web

11月上旬、Twitter上である投稿が話題になった。日本在住のアメリカ人記者が、サッカー日本代表・三笘薫のインタビュー...

ツイッターのコメント(12)

日本の若い選手の多くが、欧州でコミュニケーション微妙だからこんな記事出てるのか

- Number Web - ナンバー
公立の小中高からプロ入りを断って大学へ、その後フロンターレへ。目標や意識が違う気がしますね。まず聞き取れてるのが素晴らしい。:
やっぱNumberの記事は面白いなー。

田中仰
国際試合になるとよく出る話題。選考にも言語は評価項目になったりとかあるかな→
東京都とその教育委員会の方、見ましたか?英語が話せるってこう言うことだと思うんですよ。今の は英語警察、文法警察、発音警察の前で話させられるのに近い。これでは普通の学習者は打ちのめされて辞めてしまう。

>堪能さそのものよりも「何を話すか」
>「タフな試合だったけど私たちはよく戦えた」'We could do very well'と応えていますが、より正確な文法で伝えるなら'We were able to do well'になると思います。でも、彼が言いたいことは十分に伝わった。完璧じゃなくていいんです。

「ミトマの英語は頼もしい」
ネイティブは、Couldとwere able to で、こういう差分を感じるのか。
実に興味深い←
通訳さんは選手の拙さを均して訳すから彼らの個性が伝わらんのよな。通訳が優秀だからそうなるんだが
通訳に仕事を作って上げるのが真の一流選手だぞ。
英検?TOEIC?なにそれって感じw
以上
 
PR
PR