“ドイツを追い詰めた本当の勝因”はシステム変更じゃない…「森保さんが提示して、あとは選手が」遠藤航の言葉が示す“4年間の成果” - サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー

17コメント 2022-11-24 19:33|Number Web

優勝候補の一角がタジタジになっていた。ノイアー、キミッヒ、ミュラー、ルディガー、ニャブリ……と世界的な名手を擁し、W杯優...

ツイッターのコメント(17)

次が本当の正念場かな。
次が本当に大事。
そして楽しみ。
最高の試合を!
ヨーロッパに飛び出した選手たちがその国で、そのチームで戦術を学んでいる状態にある。
 そうした段階の代表チームを強化するには、監督から何かを与えられるのを待つのではなく、自分たちで考え、行動できる集団を作らなければならなかったわけだ。
良い記事。
戦略も大事だけど、目標に辿り着くためのアプローチって、毎日の積み重ねだよなぁ。
選手の対応力がついたのは間違いないと思うけど、その上で監督が示す指標があってこそ、より魅力的なサッカーなるんちゃうかなとは思います
これは良い記事かと。
Howの裏側にあるownershipとexecutionの話。良かったです。日曜も楽しみ
戦略や戦術がないと批判されてきた森保監督の評価が一変したジャイアントキリング

偶然なのか、再現性があるのか

コスタリカ戦でその評価を確固たるものにして欲しいです!

"選手たちが主体的に考え、意見を発信し、ピッチ内での対応力を身につけること"
「日本のスタイル、固有の戦術や概念はまだなく、ヨーロッパに飛び出した選手たちがその国で、そのチームで戦術を学んでいる状態にある」
意見の言い合いで終わらず、現場に落とし込むまでやる。大きな方針はありつつも、現場で先頭に立ってる人らが企て、実行する。

強い組織とは?の解像度を上げる良記事

〉選手たちが主体的に考え、意見を発信し、ピッチ内での対応力を身につけること――。
読みごたえあった〜✨👏

"ドイツを追い詰めた本当の勝因”はシステム変更じゃない…「森保さんが提示して、あとは選手が」遠藤航の言葉が示す“4年間の成果” - サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー
AKB元監督が言い続けていた事象について
これは良記事! これは良記事!
森保監督がお題を出して、選手たちが回答するだけだったと。
ドイツ戦のコラムです。昨日のミックスゾーンで印象的だったのは、選手たちが落ち着いていたこと(長友さんのみ興奮気味でしたが😆)。多くの選手が「次負けたら、今日の勝利の意味がなくなる」と。ベスト8以上への道は始まったばかりです。
以上
 
PR
PR