青学大トレーナーが泣いた日… 箱根駅伝圧勝の裏にあった中野ジェームズ修一の“厚底シューズ対策”「以前は大反対だったんです」 - 駅伝 - Number Web - ナンバー

11コメント 2022-03-16 17:52 Number Web

ツイッターのコメント(11)

体幹やハムだけじゃなく大腿四頭筋や臀部も鍛えた方がよいと。厚底使いこなすに必要な筋肉は意外に多いようだ。
青学大トレーナーが泣いた日

ランニング好きです。トレーニング手法の常識を転換し、ストレッチ、トレーニングの在り方を転換し、更には昨今の厚底シューズに対応した、自己否定とも言える新たなトレーニング手法の開発。そして、その実践判断は選手の自主性というのも今風。
ウェイトによる強化決断
眠れない日々
優勝して涙を流した理由。

代表理事の中野が、青山学院大学のフィジカルトレーナーとして、箱根駅伝優勝をサポートした日々を語っています。
走りもアウターの時代だな
最近は原監督よりも奥さんの方が選手たちの監督してるような気がするわ…
「やりたいこと」にとても近い(分野は全く違う)
ピラティスを始めてから、身体を動かす上で言葉と体感の大事さを知り、以降、気になる人である中野さんに取材。
厚底対策とは?

ナンバー
新青トレの成果
今年から更に出る気がする
そして箱根で優勝するには
個別に筋トレメニューややり方を指示するまでの徹底的な取り組みをしないとあかんねやなと再実感
むちゃくちゃタメになるトレーニング理論。強化ロジックがスッキリしてる。
人間の身体は本当に繊細で複雑。自分も怪我とは反対の脚が痛んだり、お尻が痛んだり。リハビリだけでなく、筋トレもパーソナルトレーニングが基本ですよね。YouTubeなど万人向けの筋トレは無料だし、お手軽だけど体を痛める可能性も。

青学大トレーナーが泣いた日
今年の箱根駅伝での青学の優勝。チームトレーナーとして昨年の大敗からどう改革したのか。
Number でまとめてくださいました。
以上
 
PR
PR