兄の死、酒と夜遊び、行方不明……栄光と挫折を繰り返した「元Jリーグ得点王」のジェットコースターのような人生とは - 海外サッカー - Number Web - ナンバー

23コメント 2022-01-14 06:23 Number Web

昨年末から今年初めにかけて、ブラジルのフットボール界で話題を集めた出来事があった。元ブラジル代表FWジョーが12月9日のリーグ最終節に出場した後、友人が主催したパーティーへ出かけたきり、3日間消息を絶...

ツイッターのコメント(23)

向こうでもあかん成績残してて草
本当にわからない選手、いや人間だった。改心したと聞いていたがそうではなかったしそれを繰り返すタイプの人間だったんだなぁ。
>2015年5月、アトレチコ・ミネイロの監督を務めていたレヴィー・クルピ(元セレッソ大阪、ガンバ大阪監督)から戦力外通告を受けた。
はよ3億円払ってくれ。
元ブラジル代表FWジョーは年明けに新型コロナウイルスに感染。金曜日には新シーズンに向けたトレーニングを再開しているチームへの復帰を果たしています。
なんというか、Jリーグ関係者にとっては当たり前なのかも知れないけど、すごい人達に来てもらっておいて、悪者扱いで悦に入る風習がある印象があって、その一環としか思えんのよな…
1/3位はロナウジーニョのせいなんじゃねえかこれ
ブラジル人選手の問題児は、ロマーリオ、エジムンドのように、幼い頃から大人になるまで一貫して素行が悪い者が大半だ。ジョーのように、まるでジェットコースターのように天国と地獄を何度も行き来する者は少ない。
ジョー。マンCで点取り屋として活躍していた頃、覚えてます。あれからいろいろ苦労したんですね。まだまだ人生これから。がんばれ。
元気だなぁ…破天荒ともいう(´ー`)
 
PR
PR