鹿島の監督に就任したスイス人指揮官レネ・ヴァイラーってどんな人? 「ペップのようだ」と評されるその指導哲学とは - Jリーグ - Number Web - ナンバー

10コメント 2021-12-27 18:00 Number Web

ツイッターのコメント(10)

大学でコミュニケーションマネジメントを学んだ経験が指導にも活かされている気がします。
ピトゥカはサントスからの借り物なので、このまま干すような事だけはご容赦下さい。きれいに送り返してあげたいのです。
この記事を思い出して例の「2度と起こらないことになるので」は完全に干すという意味なのかと一瞬身構えてしまったけどさすがにそれはないよなー
年末の記事を改めて読んでみた。
読むとなんだか、楽しみな監督ですね。丁寧な取材でありがたい。
見出しはグアルディオラに例えているけど記事を読んでみると、かの大魔導士オズワルド オリヴェイラのような印象を受ける。
アントラーズのDNAにマッチしそう😉
鹿島の新監督レネ・ヴァイラーについて書きました。

「選手にはピッチ内外での責任感と自立を要求する。自分の意見を口にできるよう声をかけている。選手の考えを知ることができるし、責任感を持ってプレーすることにもつながる。“一緒に考えてくれる選手”が必要なんだ」
「主力ばかりを起用して、控え選手にはなかなかチャンスが与えられなかった。そこは変わっていないかもしれないから、覚悟した方がいい」

なるほど。選手サイドはシビアなシーズンになりそうだね。移籍もやむなし
以上
 
PR
PR