ポジショナルプレーの核心は「全員で一緒に旅をしろ」 ペップ流を知り、バルサ要職を務めたアルベル新監督のFC東京変革案 - Jリーグ - Number Web - ナンバー

14コメント 2022-01-14 11:02|Number Web

ツイッターのコメント(14)

アルベル氏の「カウンターアタックはシュートを放つ際にスペースがあるものですが、2022シーズンは押し込むゲームが増えるでしょう。そうなると、相手ゴール前のスペースは狭くなります」の言及は、個人戦術をオープンではないクローズドな状況でも発揮出来るか?という視点。
オフィシャルに載ったインタビューのリライトか。
「優勝を約束するようなことはしない。日本では誰もが『優勝を目指します』と言う。約束できるのは、明確なプレースタイルを植え付け、常に優勝争いに関われるだけの力を備えさせ、クラブを成長させること。【クラブ全体の成長は、経営規模の成長】を促すことになる。」
陣内孝則入ってるよね。
「私は遅かれ早かれ、このクラブを、この街を、この国を去ります。東京の人々のためのクラブであるFC東京を育てること、それが私の使命です」
家族の日本での成功を祈る
開幕、多摩川クラシコ
楽しみにしてる
やっぱりこの人面白そうだ。浦和リカルドとの対決がいつの日かのフィンクvsロティーナの試合を思い出させそう。
めも。 - Jリーグ - Number Web - ナンバー
現時点で期待しかない!!
目の前にいる人を魅了できる言葉を持つ指揮官。それが私のファーストインプレッション。
「ポゼッション(ボールの保持)も大切ですが、それ以上に重視していたのは、ポジション取り(選手の立ち位置)です。ポジションとポゼッション、この2つによって、より良い攻撃が実現できます。」
10歳の久保建英をバルサアカデミーに入れたのはアルベルだったのか。ご縁があったのですね。期待しか無い。
先日のインタビューに続き、FC東京のアルベル新監督ついてのコラムです。笑いが絶えない楽しいインタビューでした。写真を通しても、カタルーニャ人指揮官の人柄が窺い知れるのではないかと思います。「最近は(ユルゲン・)クロップに注目しています」とも。
以上
 
PR
PR