「アツトは外国でも監督を」「タクミはJの頃から…」マンU指揮官・ラングニックが語る内田篤人と南野拓実の評価 - プレミアリーグ - Number Web - ナンバー

4コメント 2021-12-23 12:11 Number Web

ツイッターのコメント(4)

おもしろいな。局面においてコントロールを手放し、対策している相手の約束事をundoする、ということかな。

「ラングニックは『コントロールされたカオス』という用語が象徴するように、ミスを許容してあえて混沌状態を作り、それを制するサッカーを志向している」
📝ラングニックのインタビュー後編

▷南野をザルツブルクからRBライプツィヒへの移籍させることを検討した
▷「アツトは指導者として成功する資質を持っている」
▷「ドイツサッカーの質の低下に警鐘を鳴らしたい」
▷新オフサイドルールは賛成
ラングニック・インタビュー後編。

「今後、試合はどんどん速くなって行くだろう。だからと言ってプレースタイルが攻撃的になるとは限らない。速くなるとミスが増えるからだ。多くのチームが高速カウンター狙いを採用し、サッカーがより守備的になるかもしれない」
「アツトは外国でも監督を」「タクミはJの頃から…」マンU指揮官・ラングニックが語る内田篤人と南野拓実の評価
以上
 
PR
PR