「箱根駅伝だけで大学入学は踏み出せない」「徳本監督でなければ絶対になかった」31歳今井隆生が明かす“挑戦を決めた”本当の理由 - 駅伝 - Number Web - ナンバー

50コメント 2022-01-01 17:42 Number Web

ツイッターのコメント(50)

さっきMrサンデーでも特集やってたけど…縁と偶然が重なってもたらした奇跡なのかな。でもきっとこれも運命なんだろう。素敵なお話。
運は、大事な人との縁を努力して大切にしてきた先についてくるのかなと思わせる話でした💐
「自分のキャリアに繋がらないと意味がない。あくまでも僕は一教師なので、心理学を学べることが大前提でした」/ - Number Web - ナンバー
箱根で活躍した今井選手は、日体大トライアスロン部出身。(後輩です!?)陸上から転向してきましたが、その才能は開花しきれなかった。しかしその経験があったからこそ、再び陸上にチャレンジできた…人生は面白い!

→31歳今井隆生が明かす“挑戦を決めた”本当の理由
個人的には、今年の で一番感動したのは、初出場の でした。
襷も無事繋ぎきることができて、よかった(o^-')b !
読み進めてたら「風が強く吹いている」の話題が出てきてオッ…!ってなっちゃった

運を掴む為の丁寧な努力と準備……すごいな

-
箱根駅伝で出たことは一生の財産になったことでしょう
すばらしい記事。読んでて発見はあるし自分にも気合が入る。スポーツドキュメンタリーはこうでないと。
二足の草鞋。とはいえ30歳での挑戦はキャリアプランがあったからこそと、今井選手。強豪校では叶わぬが、受け入れた徳本監督に敬意を。
「体育教師を休職して、箱根駅伝を目指した」ってテレビ中継で聞いて、それで出場経験のない大学に編入?という謎がとけた。監督とは別に、教師としての意識を持ってる人がチームのメンバーとしているって最強だなぁ。
挑戦する姿ってかっこいいよね。
「山形であったトライアスロンのレースで、たまたま会場に来ていた徳本さんと会ったのがまさに縁」
 
PR
PR