「えっ!《ボランチ=舵取りが語源》って間違いなの?」 日本でほぼ無名な「名MFカルロス・ボランチ」の革命的功績とは - 海外サッカー - Number Web - ナンバー

16コメント 2021-12-20 17:01 Number Web

ツイッターのコメント(16)

語源にまつわるめっちゃ面白い記事。
そもそもブラジル人の中にも間違って覚えてる人がいて、そのタイプの指導者が来日しがち、伝達しがち、ということのようだ(リンクは前中後編の前編) /
「魁!男塾」の民明書房刊の説明みたいな話が現実にあったとはwww
やばい これは知らなかった
パネンカと同じなんだ
知らなかった。
ボランチが人の名前だったなんて・・・。
知らんかった。間違った知識で覚えてた ↓
3回シリーズで面白い。日本でいうボランチという言葉には誤りが多く含まれていると何となく知っていて使わないようにしていたけど、得心した。
これは知らなかった。めちゃくちゃ面白いわ。
ビックリした。世の中にはまだまだ知らなかったり、間違って知っていることが沢山あるということを再認識。
ボランチが人の名前って知らなかった🤔
名手ボランチさんがいたという話、ものすごく勉強になりました。【 】でも沢田氏は文中で触れてませんが、“Makélélé Role”っていうのもありますよね。
日本でも広く知られているフットボール用語「ボランチ」の語源に関する記事(全3回)が掲載された。
当初は2記事だったが、日本、ブラジル両国でのアンケートの結果と答えの理由が興味深かったので、それが「第3回」の記事となった。ご一読いただければ
幸いです。
「1941年のフラメンゴの右ハーフにVolanteという選手がおり、左ハーフのジャイメよりも深い位置でプレーしていた。以後、ブラジルでは守備的MFのことをvolanteと呼ぶ」まじか!ハンドルだとずっと。。
以上
 
PR
PR