「このままでは資金がショートする」初優勝の裏で、千葉ジェッツ社長が明かした“リアルな経営状況”と本音…目指すべき「市民球団」とは? - Bリーグ - Number Web - ナンバー

27コメント 2021-09-14 17:06 Number Web

すぐに成果が見えづらくとも、100年続く未来へ向けた改革を進めていく。Bリーグ王者となった千葉ジェッツふなばしが取り組んできたのはそういうことだった。決算を経て、IR情報を公開したばかりの千葉ジェッツ...

ツイッターのコメント(27)

B1優勝チームもコロナ禍は厳しい...HT人口65万人、売上20億、当期利益1億。パートナー企業356社が13億支える「市民球団」の今後の変化と躍進にすごく期待感を持ちました。VUCAな環境に適応し風土も進化しようとする組織は必ず強くなると思います。応援したいチームです。
再現性はどのクラブも課題と思います。少数精鋭だからこそ仕組み化できる部分はしないと人材流出時のダメージがデカい。

属人性が高かった業務スタイルを『仕組み化』しました。仕事が完遂されるまでの過程で、誰が仕事を途中で受け取ったとしても、機能するような仕組みへ
担当のアイツ何やってんだと言ってる偉いヤツこれ読め

「以前は属人性が高かった業務スタイルを『仕組み化』しました。(中略)誰が仕事を途中で受け取ったとしても、機能するような仕組みへ」

千葉ジェッツ社長が明かした“リアルな経営状況”と本音…「市民球団」とは?
NBAと比較されやすいが、NBAの代表的な収益は放映権で、全米と全世界の圧倒的なシェアを獲得済み。

Bリーグは発足されて5〜6年ほどで、国内のみの収益が中心。

オリンピック効果だけでは難しいかもしれませんが、徐々に海外に向けてブランドを広めていけたらなと。。。
なんと!!
全ての仕事に共通することですね、すごい!!!

> 以前は属人性が高かった業務スタイルを『仕組み化』しました。つまり、一つの仕事が完遂されるまでの過程で、誰が仕事を途中で受け取ったとしても、機能するような仕組みへと変えていっています
こないだ行ったインタビューで某クラブの方が同じようなことをおっしゃってた。そのときの記事は来週あたり公開されると思います。→“地域やファンのみなさんに『自分たちが支えているクラブだから応援しよう』と思ってもらえる存在であること”
>『市民球団』という言葉がありますが、世の中で『市民球団』と認知されているチームでも、実は大株主がいて、責任企業が存在しているケースがほとんどです。

>私の考えるその定義の一つが、黒字化して単独で運営できる状態にあるクラブであることです」
Bリーグ - Number Web - ナンバー

正直ねぇ…経営者としては言ってる事最悪なんです。
「コロナの影響読めず金かけすぎたけど親会社に資金いただきました」って話しです。
千葉以外なら倒産のお話し。
クラファンや他のスポーツと同じく『応援したい』っていう熱量と共感。いやー、ホントすごいのよね。ジェッツ。SNSファン作りも戦略的。

「このままでは資金がショートする」初優勝の裏で千葉ジェッツ社長が明かした“リアルな経営状況”と本音…目指すべき「市民球団」とは?
「このままでは資金がショートする」初優勝の裏で、千葉ジェッツ社長が明かした“リアルな経営状況”と本音…目指すべき「市民球団」とは?
Bリーグはプロ野球・Jリーグと違ってまだ知名度も低い。テレビでもなかなか取り上げられない。それだけに今後が心配です。
 
PR
PR