TOP > スポーツ > まだ後遺症に悩まされる選手も…あの時、日本ハムに何が起こっていた? クラスター発生から活動再開までの一部始終【広報の備忘録】 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

まだ後遺症に悩まされる選手も…あの時、日本ハムに何が起こっていた? クラスター発生から活動再開までの一部始終【広報の備忘録】 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

27コメント 2021-06-10 17:26  Number Web

1人、また1人とグラウンドから姿を消していった。非常事態に陥ってから、早いもので約1カ月が経った。北海道日本ハムファイターズに新型コロナウイルス感染拡大症が直撃した。ゴールデンウイークのことである。記...

ツイッターのコメント(27)

本当あの時期チームは大変だったんだな…と…
病気になって健康で普段の生活ができることの有り難みを感じますね
「ただの風邪」とか言っている人はよく読んでおくべき。

試合ができる日常は
あたりまえではないんですね…
クラスター発生から活動再開までの一部始終【広報の備忘録】(3/4) - プロ野球 - Number Web - ナンバー

後遺症が残ってる選手もいるのか…
プレーに集中出来ないやろうな💦
最下位でも、普通に野球が出来るってありがたいよね。
いろいろ大変なことが続きますが、野球が見られる毎日はありがたいです。
こういうの見るとさ…
オリンピックでこれが起こらない保証はどこにもないよね。
ましてオリンピックは様々な競技のアスリートの集合体で、日頃から多くの時間を共有するプロのクラブのような統率の取れた対応なんて可能なのだろうか?
勝ち負け関係なしに野球ができることが尊い…その通りです。

今もなお後遺症に苦しむ選手もいるそうで…😭
これで西武にも移ってたからなぁ
"ある選手は「ただ時間が過ぎるのを待っていただけ」と、アスリートとしての活動が完全にストップしたそうである。同じ施設の隣部屋で療養していた選手が咳き込むなど、苦しんでいる状況を壁越しにリアルタイムに把握できたスタッフもいたという。"
チームスタッフですら勝ち負けは二の次と感じる状況…
マスコミは好き勝手叩くけど、今季はもう順位どうこうよりも残りの試合を選手スタッフ首脳陣みんな無事に終えられることを心から願ってます
後遺症あるとは驚き。
こういう記事形式もいいんだけど、小出しに少しずつSNS発信してもらい、たくさんの情報に触れたいなぁ。
元気印今川くん、7キロも痩せてたのか…
野球ができる幸せ
見られる幸せ
コロナ許すまじ
頑張れ!ファイターズ!
寝るはずがこの文章を見つけてしまい、一気に読んだ。最後の一文、胸に迫るものがある。
怖いね
中田翔もこういう積み重ねで
体調異常がでてるのでは?
結構繊細…

NPBは交流戦予備日等で
職域接種を実施しては?
まだ味覚障害の症状が残ってる選手もいるんだ。そりゃそうだよね。本当に大変だったんだろうなあ…
その平穏を享受している喜びがプレーで表れているかは別として、なかなか考えさせられる内容だった。
《今川優馬選手は7キロ減など、体重が激減した選手も複数いた。また有症状だった選手の1人は、いまだ味覚と嗅覚に明らかな障害があるという。 》うわあ……。何しろ高山さんの筆力なので、生々しいことといったら。
今川優馬選手は7キロ減など、体重が激減した選手も複数いた。また有症状だった選手の1人は、いまだ味覚と嗅覚に明らかな障害があるという。
【コロナを乗り越えて優勝】
なんてエピソード作りません?
東京に来た海外の選手団が、選手村でクラスターとなったら…

選手の後ろには、普段は見えない多くのスタッフがいる。
インフルエンザもこのくらい煽り報道してくれれば、ワクチン接種率も上がって流行も減り、死者数も減るのになあ……。

クラスター発生から活動再開までの一部始終
あの短期間で7kgも痩せる
後遺症もいつ戻るのか
誰にも判らナイ
少しずっでも良くなる事
祈ってマス

- プロ野球 - Number Web - ナンバー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR