TOP > スポーツ > 2年生は7人…なぜ大阪朝鮮高は少人数で花園4強を掴めた? 野澤武史コーチが即答したその理由 - 高校ラグビー - Number Web - ナンバー

2年生は7人…なぜ大阪朝鮮高は少人数で花園4強を掴めた? 野澤武史コーチが即答したその理由 - 高校ラグビー - Number Web - ナンバー

31コメント 2021-01-13 08:29  Number Web

104名。部員数にあらず。全校の男子生徒の総員である。女子は106名。計210名の小規模の学校だ。山間部ではない。海沿いの村でもない。大阪メトロ中央線の吉田駅が最寄りのはずである。

ツイッターのコメント(31)

藤島大さんっぽいなあと思ったら藤島大さんだった。

必読。
ラグビー元日本代表で、朝鮮高のコーチやって山川出版の社長さんか。面白い教科書つくってほしい。
大阪朝鮮高級学校🇰🇵生徒数の限られた学校で4強まで勝ち上がれたのは何故ですか❓「選手がみずから考える❣」即答に近かった🏈

コーチを務める野澤武史41歳は山川出版社 代表取締役社長✍嘗て神戸製鋼所所属の日本代表フランカー🎌慶應義塾高校主将で花園出場「慶應のゴリ」💮
藤島大さんの記事。
男子学生の数が104人で、そのうちの39人がラグビー部ってすごい。
歴史教科書の老舗…山川か…
え、ラグビーで有名な大阪朝鮮高のコーチって山川出版社の取締役でもあるんですか!?
"104名。部員数にあらず。全校の男子生徒の総員である。女子は106名。計210名の小規模の学校だ"
"この10年で半減に近い"

野澤武史さんは山川出版社の社長さん。
> 男子104人のうちの39人がラグビー部員

なんだ、このラグビー部に非ずは人に非ず、な割合はw
凄いとか実力がどうこう以前になんで日本の高等学校の選手権に朝鮮高級学校が出てるの?

って疑問はぶつけんのかしら。
あとは、才能と根性‼️昔からそうなんだ‼️
差別には絶対に負けない‼️100%勝つ‼️
◉ 野澤武史コーチが即答したその理由(3/3) - 高校ラグビー - Number Web - ナンバー
「ラグビーを離れた顔は出版社の代表取締役社長である。かの山川出版社、歴史書の老舗の経営を担う。」意表つかれた。
"この10年で半減に近い。社会情勢や意識の変化、大阪府の補助金打ち切りと国の高校無償制からの除外による学費負担の増大も背景に横たわる。"
単純に選手層が薄くマトモな競技環境が無いだけでは?
所詮六甲山の頂点の争いだからな。富士山の頂点である甲子園はどうかな。
応援したくなるやーん🌠

 野澤武史コーチが即答したその理由(3/3) - 高校ラグビー - Number Web - ナンバー
藤島さんの名調子で読み応えある。

 野澤武史コーチが即答したその理由(2/3) - 高校ラグビー - Number Web - ナンバー
104人のうち39人がラグビー部員🏉アツイぜ🔥さらに深掘りした読みものがあったら是非読みたい!!!
《ラグビーを離れた顔は出版社の代表取締役社長である。かの山川出版社、歴史書の老舗の経営を担う。さぞや多忙だろうに愛してやまぬラグビーの前線を離れない)
コーチは野澤さんだったのか!

NumberWeb
藤島大さんの文章は素晴らしいと思っています。
"さっそく聞いた。大阪朝鮮高、生徒数の限られた学校で4強まで勝ち上がれた。どうしてですか?  

「選手がみずから考える」
 
 即答に近かった。
 
「花園に入ってからも選手たちで練習メニューを組み立てたりします」"
大阪朝鮮ラグビー部の記事!
山川出版社の御曹司社長が大阪朝鮮学校ラグビー 部監督なのか。
「選手がみずから考える」「(新しいスキル、トレンドを)教えたら、さっそく使った。いっぽうで合わないと考えたら彼らは採用しない」「予習より復習」
元日本代表の言葉には説得力があるなぁ/なぜ大阪朝鮮高は少人数で花園4強を掴めた?
男子生徒104人のうちの39人がラグビー部員

減ったなぁ…
よくベスト4まで勝ち残ったよ。
「この大会は成長し続けたチームが優勝する。そのためには予習より復習」←文中より  確かに予習しがちだけど、、、復習のが大切かも
野澤さんも外部コーチだったんだね。

 野澤武史コーチが即答したその理由(Number Web)
面白い記事でした。
「結果、個の力が束と化した。層が薄いから層は厚くなった」など藤島大さんの言い回しも好きです。
考える力

何事もこれにつきますね。
素晴らしいチームです。
彼らからは学ぶことの方が多い。これは誇張した言い回しではありません。僕が成長させられます。
母校のコーチの機会が急になくなり最初に声をかけてくださったのが呉先生でした。

楽しいOBの皆さんの逸話はカットでした^_^
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR