TOP > スポーツ > 188センチGK山根恵里奈が29歳で引退の理由 スペインで言われた「自分を傷つけすぎている」の意味 - なでしこジャパン - Number Web - ナンバー

188センチGK山根恵里奈が29歳で引退の理由 スペインで言われた「自分を傷つけすぎている」の意味 - なでしこジャパン - Number Web - ナンバー

45コメント 2020-12-04 17:44  Number Web

この12月で30歳。来年には東京五輪があるというのに、なぜこのタイミングで引退を決意したのか。ジェフ千葉レディースに所属する元なでしこジャパンのGK山根恵里奈は、「それが本当にわからなくて」とまるで他...

ツイッターのコメント(45)

…技術の高い人の背は伸ばせないけど、背が高い人の技術は伸ばせる理論による偉い人の思惑込みの抜擢には心が強い変人を求めるべきで、常識人にその役割を背負わすと潰れる。
心強くしてくれた、山根選手の言葉

〝東京五輪とか、なでしこジャパンを目指さない選択をしたということは、つまり負けたということです。

でも、勝った部分もあるんですよ。それは自分を貫くって決めたことです〟

〝『いや、私、動けるから!』って言い返せますから〟
<私はこうなんだって。そう思えるようになった時点で、『あ、勝った』と思いました。誰にだってダメなところはあるのに、そこに目を向け過ぎちゃったところが自分の弱さだった。そこを理解した上で、『私は私。やるべきことはやった』と胸を張って言えるようになった>
先日のフクアリでの挨拶の真意、そういうことだったのですね。この記事で腑に落ちました。

この記事にとても胸を打たれました。
「一番苦手なのは、苦しいです、しんどいですと誰かに伝えることなんです。家族だろうが親友だろうが、絶対に言えない。だから、結局ひとりになっちゃうんですよ。」

こういう現状をなんとかしたい。
各クラブにカウンセラーがいることが当たり前になりますように。
"追い込む"ことも大事やけど追い込みすぎてもだめ

自分の実力を理解し始めた時に「そんなに頑張らんでもいいんや」ってなって肩の力が抜けて、今までよりいい結果につながった

目指したい場所があれば、まず自分の位置や高さを正しく知ることが大事
ベティスでプレーしたことによって引退を早めてしまったのかも知れないけど、ベティスでプレーしたことによって気付くことが出来たという訳か。
you are beatiful✨あなたは美しい🙏✨
イヤでした。もう、ずっと。『動けない大巨人』とか書かれて、なんでそんなこと言われなきゃいけないんだろうって…
苦しんだあとに見つけた人は、強い。
めっちゃいい記事だったのでぜひ読んで。
このインタビュー記事、僕みたいな人間に刺さりまくりました。僕もゴールキーパーやめます。
示唆に富むというか、腑に落ちることが多い記事。フォトも良いなと思ったら千葉さんでした
山根選手引退するのか。本当にお疲れ様でした。
「いいんだよ、私はこうなんだって。そう思えるようになった時点で、『あ、勝った』と思いました。誰にだってダメなところはあるのに、そこに目を向け過ぎちゃったところが自分の弱さだった…」

山根さんのような感覚の人、きっとたくさんいる…

-
みんながみんなポジティブなわけじゃない。これでいいんだよね。
やっぱりね、やってて楽しめなくなってしまったら、潮時なんですよ。だから、山根選手の決断は、彼女にしてみれば全く正当なものだと思います。/
もっと成長したいと思う気持ちは大切。

でも、できない自分をダメだと否定して成長したいと思うか、自分を受け入れ今を肯定したうえで成長したいと思うか。

これを一緒にしがちだけど似ているようで全く違う。
「誰にだってダメなところはあるのに、そこに目を向け過ぎちゃったところが自分の弱さだった」

すごく読み応えのある記事だった。
心に響く記事。

 スペインで言われた「自分を傷つけすぎている」の意味(4/4) - なでしこジャパン - Number Web - ナンバー
とても期待値が高く、夢のある選手だった分、「デカイだけ」など批判も多く浴びる選手でしたね。ただこんなダイナミックなプレーをできるGKは他にいなかった
日本の生きづらさ
完璧でなく何かダメなとこあると周りも自分自身もそこに目が行き、自信というかConfidenceを損なうばかり

弱点考えて悲しくなるより、長所根拠に自信を持って。
どこに所属してる(チーム、学校、会社)、形式的なものより、自分が幸せに居られること第一に
この人、現役の1番いい時期ずっと鬱気味というか鬱だったんじゃないだろうか。そんなことを感じるインタビュー。
読みながら涙が出た。

「せめて自分の目の前にいる人たちには、私と同じミスをしてもらいたくありません。どうか、自分自身のことを大切に思ってください。それが私の最後のお願いです。」
゛誰にだってダメなところはあるのに、そこに目を向け過ぎちゃったところが自分の弱さだった。゛

これは、ほんと、そう!
Jリーグにどれだけメンタルコーチが存在するだろうか?
いい記事だった。
なんか自己啓発本よりも大事なものが伝わる気がした。
"「一番苦手なのは、苦しいです、しんどいですと誰かに伝えることなんです。家族だろうが親友だろうが、絶対に言えない。だから、結局ひとりになっちゃうんですよ。それも良くなかったんですけれど、自分で自分を守るために、ひとりでいるしかなかった」"
うーん、でもやっぱりわかんないな...
山根選手は今季キャリアハイのプレーを見せていた気がするので...

すごく考えさせられる記事でした。

ありのままの自分をもっと愛してあげていい人は沢山いる。でも自尊心は生育環境と深く関連している。自らを愛せない事を自己責任として帰着させず、周囲の言動が自尊心を低下させてしまう構造を理解した上でサッカーを追いかけていきたい。
このデカい=GKとして期待値高い
って言う、何らかの権威に負けた日本の風潮止めないと、海外に通用するGKは出てこないと思いますよ…
いい記事素敵→
自分に自信を持つことはとても大事なのにどうして否定してしまうのか
ホントよくない日本の文化
根拠のない自信でいいから自分を好きになれるといいなぁ
泣いたよね…みんな自分をよしよししましょうよ…
スポーツが好きな人、関わる人は読んだ方がいい記事だ。/"山根にとって「得体の知れない何か」との戦いは、サッカー選手としてのキャリアそのものだった。"
日本では、人格否定や存在否定的な言葉の暴力や精神支配的な振る舞いがまだまだ容認され、残っている。自己肯定感を自力で得るのは本当に大変なことだよね💦😰
一流のスポーツ選手ですらも、自分の事に気付くまでに時間が必要なんだ。
お疲れ様でした。
客観視して気付くことは多い。自分らしさを取り戻すいいきっかけ👍
良記事。十分立派なキャリア。考え方ひとつで人生が変わっていく。開けていく。どのみち変わっていくのなら、納得して楽しく変わっていきたいな。
周囲のあり方を考えるべきなんだと思う。個人的には反省しかない…
強い人だな、この人は。
僕もガンバロ。力をわけてくれてありがとうございます。
何かコレは日本という国でありがちなコトなのかも知れないね。
謙遜を超えて自虐をしないといけないと思ってるトップアスリートが多い気がする。
「あなたは自分で自分を傷つけすぎている」とまるで脈略のない指摘を受けた。

全てのサッカー選手が感じたことのある境遇だろう。

故に、“メンタルコーチ”によるケアが必要になるプロスポーツ界。

そんな選手が一人でもいなくなることを祈る⚽
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR