TOP > スポーツ > 「豊島竜王と羽生九段の竜王戦で…」AI評価値の“逆転劇”とタイトル経験棋士が感じる“実際の差” - 将棋 - Number Web - ナンバー

「豊島竜王と羽生九段の竜王戦で…」AI評価値の“逆転劇”とタイトル経験棋士が感じる“実際の差” - 将棋 - Number Web - ナンバー

12コメント 2020-11-22 17:45  Number Web

実際に対局に臨む棋士の視点から言うと――これらの戦いが「逆転」と評される時代になったのか、と難しさを感じてもいます。

ツイッターのコメント(12)

abemaでAI評価値だけ見て騒ぐ人たちがイヤなのでコメントは表示しない。自分の頭で考えずAI盲信して脊髄反射で騒ぐの、星新一の世界みたい(皮肉)
「豊島竜王と羽生九段の竜王戦で…」AI 評価値の逆転劇と実際の差
>ただ実際に対局に臨む棋士の視点から言うと――これらの戦いが「逆転」と評される時代になったのか、と難しさを感じてもいます。
天彦九段の「評価値ディストピア」で「泥水一気飲み」のお話かな ほんと表現上手だな→ /
「ハブトンシ」でニュースになってたの失礼な話だと思うんよね、さすがたいちせんせいいいことを言う
「人間からかけ離れている目線で、失っているものもあるのかもしれません」
評価値、いったん見慣れてきてから、ここ数回、評価値なしで見る機会が続いたら、そっちのが深い感動があり、対局者両者ともに讃えたくなった。発見。
NumberWebの連載記事が公開されました!今回は「逆転」と「集中力」についてです。どちらも現代将棋を理解する上で欠かせない要素だと思いますので、ご一読のほど宜しくお願い致します。
太地先生、棋士の感覚的な部分を言語化してくださっていて勉強になる。
解説ないときは評価値まだ見ちゃうけど…
中村太地先生の良記事
サッカーも絡められていて
わかりやすい
あの一見ぼんやりとした
94角は無理なのは明白
>「豊島竜王と羽生九段の竜王戦で…」
 AI評価値の“逆転劇”と
 タイトル経験棋士が感じる“実際の差”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR