TOP > スポーツ > 「頼むから、セ・リーグに行ってくれ」 清原和博と秋山幸二が明かす、野茂英雄との真剣勝負の舞台裏 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

「頼むから、セ・リーグに行ってくれ」 清原和博と秋山幸二が明かす、野茂英雄との真剣勝負の舞台裏 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

60コメント 2021-05-03 06:12  Number Web

西陽に照らされた藤井寺球場は、いつもより空席が目立たなかった。1990年4月10日、平日の夕刻から駆けつけた人々の目当ては、これがプロデビュー戦となるルーキー野茂英雄であった。《こういうことか……。こ...

ツイッターのコメント(60)

野茂さん…かっこよくてしびれる😍メンタル体型共にどっしりしててそれが顔にも出てて、本当に素敵よね…✨
面白い記事だった。とても。
臨場感満載。当時、秋山・清原・デストラーデってのがワクワクしたんだよな。秋山選手のサイン入りバット(小さな)を机に飾ってた。
野球は門外漢だけどnumberの記事はそんな自分でも楽しめるから好き!
野茂は本当に凄かったな。
鈴木監督じゃなかったら、メジャーに行ってなかったかもしれない。
良かったのか悪かったのか…
野茂と言えば、ホークス戦は温存されてほとんど当番しなかったなあw
伊原コーチの癖解説に居眠りする清原。ノーヒットノーランは四番の恥とか、言葉に一々痺れる。>
当時の近鉄vs西武は観ていて本当に楽しかった!✨
投手の野茂も打者のブライアントも潔く三振かホームランw
石井もいて大石が脇をかためる「いてまえ打線」✨
トルネードは真似して腰痛めたんで高津のアンダースロー真似してアンダーになったんだよねw
西武ライオンズ黄金時代。
西武ファンだった私は、野茂投手に脅威を感じていた。
それが、1995年にドジャースに行ってからは心から応援し、憧れ、ノモマックス(NIKEスニーカー )を愛用するまでになっていた笑
今読んでもわくわくしてくるなー!
野茂さまはいつまでも別格。私の中で。
めっちゃ良い記事。泣いた。|
野茂さんは本当にすごかった。彼がいなければ、イチローも松井も行けなかった。私がメジャーに行った日本人で尊敬するのは野茂さんだけ。>
野茂。子供ながら黙々と仕事をする雰囲気が大好きだった。
野茂の中では秋山、清原はメジャーリーガーだったんだろうね。
キャッチャーの光山の言葉が野茂の性格を如実に表していて好き😆
むっちゃ読み応えある。オリックスファンだったから野茂や清原といった人たちは憎たらしかった(笑)パリーグの野球はおもしろかったな。
選手たちは日々厳しい気持ちをもってプレーをしている一方で、見る側からはこのような見えない舞台があるのも、プロ野球の面白さがあるなっと。
もう30年も前なのか…当時の少年達は1度は野茂さんの投球フォームを真似たはず…衝撃だったな〜トルネード…。
平成の名勝負!( ー`дー´)キリッ
ちなみに完全試合を達成した時の対戦校は吉村知事の母校!( ー`дー´)キリッ
いつ清原の喪が明けたんだよ。現役から重犯罪にどっぷりだったヤツは一生人前に出したらダメだろ。クズマスコミは身内に甘いものだけど、中でもnumberは身内に甘過ぎる。
あの時代1990年の野茂はほんと凄かったですな🤔
大谷もすごいけど、やっぱり野茂もすごかったんだな。打者をワクワクさせるピッチャーなんて、すごい。>
昔、近鉄のファン感謝デーに何かの懸賞で当選したのに、当日に熱出した思い出。
やっぱりすげぇレベルだったんだな。
パラシオ・オ・ファリルのドアマンに「日本人大リーガーは野茂!ノモ!NOMOだ!」と言ったのは良い思い出。
確かに西武は野茂との相性はそんなに悪くなかった気がするが、自滅していたことが多かったっけ
秋山さん驚異的な動体視力やな
清原と野茂みたいな、力対力の真っ向勝負を最近の野球では見かけなくなったかなぁ。野球を見る頻度が減ってるのもあるかもしれんが
野茂選手の頃に野球を一番見てた自分にとっては最高の話。
松坂選手の全盛時に、この時の野茂選手の映像を見た同僚が、全くモノが違うと言ってたのが未だに印象に残ってる。
こういう日本人がいることを、誇りに思う。
野茂の衝撃は忘れがたいな。
野茂英雄の記事は昔からメディア問わず本当に面白い記事ばっかりだなあ
近鉄は野茂・阿波野といった投手やブライアントのイメージが強い
秋山もダイエー・ソフトバンクのユニフォームより西武のユニフォームがしっくり来る
記事中にもあるが、野茂はフォークにスピンをかけていたそうだ(通常フォークはスピンがかからない)。
プロの打者はボールの回転で球種を判別する。フォークにスピンをかける事で、打者に球種を悟られない様にしたのだ。
(つづく)
30年前、AK砲に憧れ、野茂のポスター貼って野茂を相手に素振りした少年がいた。
俺の中での『日本人で最も偉大な野球選手』は、イチローも捨てがたいけどやっぱり野茂なんだよな〜
野球は詳しくないけど野茂英雄の凄さは記憶に強く残っている(*´ー`*)
懐かしさで目から汗が出た
オモロイ記事だった
面白くならないわけがない記事。まぁちょっと物足りないんだけど…w
“1990年4月10日、平日の夕刻から駆けつけた人々の目当ては、これがプロデビュー戦となるルーキー野茂英雄であった。
《こういうことか……。このピッチャーとはそういう巡り合わせなんやな》
1回表、西武ライオンズの4番、清原和博は半ば呆れながら打席に立った。”
何この強すぎる記事。>
仰木彬さんがセパの実力差について生前、野茂とイチローの投打でメジャーでもトップクラスの選手が出て、打者も投手も対応せざるを得なかったから……と指摘されてたなぁ。
この頃西武球場に通ってたけど、生野茂は遂に見れなかったな
まぁ、野茂がセ・リーグに行ってたら「球は速いがノーコン」ってマスコミに叩かれて、アホなコーチや評論家に弄られて、メジャーどころか5年も持たんかったんとちゃうかな?
近鉄の良き時代と共に力勝負の醍醐味を思い起こしておりました。主軸投手と四番打者との対決は今も昔もわくわくさせてくれるものがありますね。/頼むから、セ・リーグに行ってくれ」
平成初頭の『あの頃』の空気感だよなぁ。
つくづく、いい時代でした…/
Numberの記事は、普通なら見過ごしてしまいそうな程些細な、それでいて歴史的な瞬間を逃すことなく本質的な所で捉えているところが凄い。
野茂との対決はストレートかフォークか、ホームランか三振か、いつも2分の1の勝負だった。そこにゾクゾクする感覚があった。ホームランを打つためなら、空振りも三振も気にならない。50%という確率が、秋山を驚くほど大胆にさせてくれたのだ。
清原和博と秋山幸二が明かす、野茂英雄との真剣勝負

野茂が大好きなんだよなぁ。
清原vs藤川球児の伏線のような話
野茂、秋山、清原、いい話だなぁ〜(●^o^●)
のエース野茂英雄さんとホームランを狙って真っ向勝負する王者西武ライオンズの主砲 清原和博さんと秋山幸二さんの対決。実に面白い。
野茂と清原の勝負はヒリヒリするほどの緊張感で見応えあったね。グッと来た。
---
この頃のプロ野球⚾️はライバル対決も見応えがあった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR