TOP > スポーツ > 明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」。崩された“名作”と早稲田のメンタル。 - 大学ラグビー - Number Web - ナンバー

明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」。崩された“名作”と早稲田のメンタル。 - 大学ラグビー - Number Web - ナンバー

11コメント 2019-12-04 12:10 | Number Webキャッシュ

「正直、疲れていたか具体的には言えませんが、こちらが後半に入って2本トライを取った後に、早稲田の選手たちがメンタル的に『あぁ』となっているのが見て取れたので、メンタルの部分から崩していけたのは、勝利に大きく影響したと思います」...

ツイッターのコメント(11)

この記事、後で恥ずかしくならないようにな。
明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」

対抗戦で全勝優勝を果たした明治大学ラグビー部に関する記事があったのご紹介です!


明治大学ラグビー部は、Nacsportを使ってくださっていて、僕もたくさん勉強させて頂いてますm(_ _)m

来年1月の大学選手権も非常に楽しみですね!
1.11 新国立での再戦が見たい。
-----
✳️今回の明治大学🏉が早稲田大学を完全に凌駕して勝利したスタイル👀彼等がいかに🏉ワールドカップ2019🇯🇵🗻での🌸🇯🇵だけでなく強豪国の試合を繰り返し👀研究して実戦に活かしたか‼️
明治大学ラグビー
マスゴミが盛んに持ち上げた記事を掲載しているが、このような状況は危険んだ。
純粋な選手が、少しでも目にしたら気持ちが揺れる。油断するよ。
次の関西学院戦に足元をすくわれなければ良いが。
これはその通りで、明治は本当に強かった!
特に後半は、スクラムトライも狙えそうなほどにFWが押し込んでました。
明治大学はきっと数年前に京都産業大学に22-26で敗れた花園での大学選手権から復活を誓ったのでしょう❗
その翌年、同カードをキンチョウスタジアムで行いリベンジ、良くなったのかな
もしかしたら、90年代より強いかも知れない。
余程のことがない限り、
明治が大学選手権を二連覇する。
正月は天理に猛追されながらの辛勝だった。ヒヤヒヤした。
来年は危なげなく勝って欲しい。
前へだけの明治から、前へプラス早稲田のような足による攻撃、慶應のようなパイパンを備えた。
国立での必勝を祈る。
以上
 

いま話題のニュース

PR