TOP > スポーツ > 「下あごがガクガクと震えていた」 楽天・由規の復活と、後輩の戦力外。 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

「下あごがガクガクと震えていた」 楽天・由規の復活と、後輩の戦力外。 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

10コメント 2019-11-16 12:10 | Number Webキャッシュ

「やっぱり……寂しい。特に、到は高校のひとつ下だし、同じタイミングで楽天に来て、地元仙台で、一軍で一緒にプレーしたい気持ちが強かったので。西巻とは年が離れているけど、高校の後輩だし気にはしていて。『まさか2年で』って本人も思っていると思うんで...

ツイッターのコメント(10)

最終戦、由規がコールされたあの場にいられたことが今季一番の幸せだったかもしれない。まだまだしがみついて欲しい。
諦めなければ、リスタートはできる。
由規の生き様。胸熱で泣ける😭
「みんなプロの世界で勝負しているんで、しょうがないことだと思います。本人たちが一番わかっているんじゃないですか?」

後輩の戦力外について語る由規。地獄を見た男の言葉の深さよ。
由規はやっと仙台に戻ってこれて、育成を這い上がってやっと支配下、まだ1回しか投げてなかった。そのような中、やはり到や西巻くんは同じ高校出身で、仲は良かったんだろうなと。
なのに楽天球団は無責任に2人を戦力外。到は楽天1年目、西巻は2年目。あまりにも酷すぎる。
厳しい世界を乗り越えたからこその説得力ですね
ファミレスで号泣のいい記事😭
由規さん、しがみついて頑張れ!!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR