TOP > スポーツ > ドラフト候補を育てた広島の無名校。「育てることと夏に勝つことは違う」 - ドラフト会議 | 高校野球 - Number Web - ナンバー

ドラフト候補を育てた広島の無名校。「育てることと夏に勝つことは違う」 - ドラフト会議 | 高校野球 - Number Web - ナンバー

16コメント 2019-07-31 09:40  Number Web

悪夢でも見ているかのような展開だった。高校野球広島大会3回戦。武田高校は沼田高校に4点リードした8回のピンチで最速152キロのエース右腕・谷岡楓太を投入する。しかし、この回に押し出し四球で1点を返され...

ツイッターのコメント(16)

こういう高校が増えてもいいと思う
野球ってプロチームも少ないから甲子園が終着点の子が多いから広まるのは難しいかけど面白いと思う
なにより子どもの選択肢が増えるよね
育成年代の勝ち負けより将来世界と戦いたいって子が増えるのは日本の野球を強くするはず
無理はしない、長時間練習はしない、本人のやる気とは別部分で手k市営に沿った準備をさせるっていうこれまでの高校野球と真逆のアプローチで、急速125から152まで成長させた鬼有能。 >>
こういう選手が増えてほしいね!
ワシは同じ町にあるバカ高校卒業です(笑)
何かタイトルとか論調がちょっとおかしなことになってて乗れんわ
今回は8には残って欲しかった
良記事。第1に怪我しないで健やかに育つべきだよ。
“練習時間はわずか50分”

“全体でのランニングもなければシートノックもない。そもそも「全員で同じ」練習や行動する時間は練習を終える際の挨拶や連絡事項を伝える円陣以外何もなかった”
ホントこれ!
今の指導者にもいつも言われているけど、目指しているのはどこですか?

ホカバですか?
全中ですか?
インターハイですか?

張本くんはホカバで6連覇したけど、当時基本しかできなかったらしい…
逆に基本だけで勝って来れたから、そこからの伸び代があった
ドラフト候補を育てた広島の無名校。「育てることと夏に勝つことは違う」(Number Web)

武田高校から遂に…?!
いろいろと時代が変わってきてる!
あの時甲子園が人生の目標ではなく、通過点って思えたら違ってたのかもな。
文章の中に安シニアって出てきたので調べたら安佐動物公園の奥にある新興住宅地育ちなのね
武田高校の取り組みの記事がアップされています。
#武田高校
@tkdZEB_of
武田高校と谷岡楓太投手の最新記事を書きました!文章の最後に紹介した岡嵜雄介監督の言葉は凄く共感しました。選手たちの今後の活躍やチームの躍進で全国的に名をあげていくことを期待しています!
"海外留学し「甲子園を目指さない」という選択をした八尋は、帰国中に観た高校野球について純粋な感想を述べた。

 「こないだ高校野球観に行ったんだけど、なんでみんなあんなに泣いてるの? まだ野球は続くのに」"
ドラフト候補を育てた広島の無名校。「育てる事と夏に勝つ事は違う」
練習時間はわずか50分、部員一人一人が練習表の中からメニューを選択し、指導陣と面談をして決める。「今、何が必要か」意図を明確にした短時間の練習は漠然とした長時間練習より濃く、身になるという。
長時間練習を競い合う時代はとうに終わっている!ドラフト候補を育てた広島の無名校。「育てることと夏に勝つことは違う」(Number Web)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR