TOP > スポーツ > 凱旋門賞断念のアーモンドアイ。「万全の状態」で秋の天皇賞へ。 - 競馬 - Number Web - ナンバー

凱旋門賞断念のアーモンドアイ。「万全の状態」で秋の天皇賞へ。 - 競馬 - Number Web - ナンバー

17コメント 登録日時:2019-07-19 13:05 | Number Webキャッシュ

アーモンドアイの次走が秋の天皇賞(GI、10月27日、東京競馬場、芝2000メートル)と発表された。これを受けて、前走からの現状を踏まえた天皇賞へ至る道程と、さらにはその後の展望まで、指揮官である国枝栄調教師に伺ってきた。...

Twitterのコメント(17)

Numberさんでの原稿です。
よろしくお願い致します。
「実力に優ると思える馬が負ける」のが有馬、ってのは、そもそもそういうレース設定なのですよ。どんな馬でもワンチャンないと面白みがないのがグランプリ。
マツリダゴッホをそんなに貶めることはないんでない?
有馬は実力に優ると思える馬がたびたび負ける?
ディープは?オルフェは?シンクリは?
ただの叩き台として使われる天秋の方が、全馬万全ではないから本気の勝負とは思わんけどね。
天秋1億5千万。JC.有馬3億。
運も適性も実力のうちでしょ。
実力に勝る馬が負けて〜なんて結果至上主義の競馬界で言っていいことではない。強い馬が勝つんじゃなくて勝った馬が強いんだよ。少なくともそのレースでは。
絶対王者を「横綱」と形容する書き方自体は許せるとしても、男女(雌雄)構わず使うのはどうよ?
かつて吉田沙保里を「横綱」と評した記事を見たこともあるが、そういうの変だと思わんのかな…
宝塚記念は最初から考慮外、有馬記念も出なさそうなのか
かくなる上は天覧レースで逆襲のラン、盾奪取を期待するしかない!
「実力に優る馬がたびたび負けて」しまう条件だから有馬記念は回避と、それじゃジェンティルドンナは超えられないよ。彼女は不向きとわかって参戦して勝った、ドスローの展開が嵌まったとはいえ。
アーモンドアイの国枝師のコメントによると、天皇賞の後は「中3週でジャパンC連覇を目指すのか、暮れの香港になるのか分からないが、その後も使うことになるでしょう」と。有馬記念については「実力に優ると思える馬が負ける」と小回り、馬場状態など考慮して使わない模様。
今年も行くしかないな府中
JCでも香港Cでも、その次はドバイターフ連覇を期待したい。
アーモンドアイ、天皇賞後は「中3週でジャパンC連覇を目指すのか、はたまた少し空けて暮れの香港になるのかは分かりませんけど、まぁ、その後も使う事にはなるでしょうね」と国枝師。有馬記念については「確定ではないけど、おそらくそこはないでしょうね」と否定した。
記者さんは、500kgなっての、
知らないね、
「7月初旬には牧場まで行って様子を見て来ましたけど、疲れは全くない感じでした。それどころかまた更に一段と成長している感じ。どこまで成長するのか? と思わせる感じでした」
やっぱ有馬使ってくれないんだね…💦
リベンジしてください
秋に会えるのを楽しみにしています
以上

記事本文: 凱旋門賞断念のアーモンドアイ。「万全の状態」で秋の天皇賞へ。 - 競馬 - Number Web - ナンバー

関連記事