TOP > スポーツ > 日本人設立の独クラブが5年連続昇格。岡崎慎司と滝川二先輩の下剋上物語。 - 海外サッカー - Number Web - ナンバー

日本人設立の独クラブが5年連続昇格。岡崎慎司と滝川二先輩の下剋上物語。 - 海外サッカー - Number Web - ナンバー

16コメント 2019-07-09 18:12  Number Web

2018-19シーズンのヨーロッパサッカー界において、最も活躍した日本人はアイントラハト・フランクフルトの長谷部誠だろう。

ツイッターのコメント(16)

日本人設立の独クラブが5年連続昇格。岡崎慎司と滝川二先輩の下剋上物語。2019/07/09 あっはい
とても良い記事!
良い記事!
グルージャ1年目の時にドイツに行きたいとベルマーレの曹さんに相談した時に紹介してもらったのが山下喬さんだった。あの時、喬さんと過ごしたドイツで3週間が自分の海外サッカーの始まりだったな。
素晴らしいっ! (@^^)/~~~
ドイツで奮闘をしている山下喬君についての記事。いつも刺激をもらっています。バサラマインツも山下喬くんも応援をしております!
岡崎選手が設立したバサラ・マインツが、ドイツで5年連続昇格してついに6部の舞台へ! 会長兼監督の山下さんにインタビューしました。

<日本人設立の独クラブが5年連続昇格。岡崎慎司と滝川二先輩の下剋上物語。>
いろんなすごいやつがいるんだな。

凄い‼️‼️
喬が特集されてる🤩✨

バサラマインツの山下会長の記事が掲載されています!!

『Number』のウェブ版『Number Web』にて。

5年連続…本当に偉大です。私たちも頑張ります!!
ドイツでの快挙。嬉しい。

出会った頃はまだ11部でチャレンジ一年目だった。
本日より、あの有名なスポーツ雑誌『Number』のウェブ版『Number Web』にてバサラマインツの会長兼監督である山下の記事が掲載されました👏🎉
なぜバサラマインツというチームが設立されたのか?などバサラマインツに関する内容の記事も‼️
是非こちらをCHECK👀👇👇
まだ、誰かが何とかしてくれると思っていますか?コミュニティもサロンも組織は基本、使えるから使うだけ、自分で行動しなければ何も始まらない。ただ、行動したときに何かが起きる。
滝川二高で始まりマインツで交わる2人の男の物語。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR