TOP > スポーツ > Number Web > セイウンスカイの...

セイウンスカイのひ孫がダービーへ。何回裏切られても「馬主という病」。 - 競馬 - Number Web - ナンバー

46コメント 登録日時:2019-05-16 07:22 | Number Webキャッシュ

4月14日、皐月賞当日──。レースを終えたニシノデイジーが戻ってきた。高木登調教師が迎える。馬の無事を確認し、勝浦正樹騎手と話をしている。 「ぶつけられて、かかっちゃって……」 ふたりの会話に耳を傾けているのは穴予想で知られる名物記者──その...

Twitterのコメント(46)

馬券を買うオレはギャンブル依存症という病・・
こういう話にはほんと弱い。
皐月賞自分もニシノデイジーが本命!そして散った。正直、逆転は厳しいと思うが馬券圏内に来たら嬉しい1頭。馬券の買い目に入れたいと思う🐎
「だからぼくは、いい馬を預かる人でなく、人を預かる調教師に馬を預けたい。そういう人間関係が大事なんです」
セイウンスカイの徳吉→ノリ スイッチに対し「悪いことをした」と…
20年の月日が西山さんを存外に率直に語らせているなと感じた
@lovehorse2000
この記事みて、頑張ってほしいって思ったんですよ
馬主ってこうあるべきだと思うんだよね。勝てばいいってもんじゃない。
むかしの調教師は馬をつくりながら人も育てた。だから「先生」だった。

「だからぼくはいい馬を預かる人でなく人を預かる調教師に馬を預けたい。そういう人間関係が大事なんです。この厩舎とこの騎手でこの馬の夢を見ていこう、育てていこうという競馬でないとだめなんです」
今年のダービーはこのストーリーで勝負します!
なんか愛がある記事
たかが賭け事、されど賭け事
ただのお金儲けだけじゃないドラマがいつまでも続いてほしい
読んでるだけで視界が歪んでくる謎の記事
西山オーナー素敵だなぁ。。😭
ダービーで勝浦Jは少しでも上の着順にニシノデイジーを連れて行ってほしい。。
セイウンスカイのひ孫がダービーへ。
何回裏切られても「馬主という病」。

🐴 現代では旧き良き部類か西山牧場、それにしても今や98世代の曾孫が頂点を争う時代かあ!
懐かしいなあ、やっぱり競馬はロマンだ
いい話。
諦めない。懲りない。その先に栄光が無かったとしても、あったとしても。それはもうどちらでもいいと思えた時、競馬は夢に昇華する。
最近あまりちゃんと競馬見てないけど、セイウンスカイのひ孫がダービーってのは熱いな…!
サイレンススズカ、セイウンスカイ、ツインターボ、ミホノブルボン。逃げ馬大好き。 / (Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム)
それはファンとしても同じこと。
スカイのひ孫でやっと巡り合えたんだから
祖母がセイウンスカイとニシノフラワーの仔で馬主が西山さん。いい話。
西山牧場。ニシノフラワー。セイウンスカイ。

なんというロマンの塊😆
馬主という高い位置に長くいるだけでなく、携わる人々のことを多少でも考えて活動している点は良いと思います。
弥生賞後の乗り替わりについて
「父にとって最後のクラシックのチャンスなので、悔いのないようにしようと代えたんですが、徳吉くんには悪いことをしたと、いまでも思っています」
勝てば認めてやるよ。
セイウンスカイのひ孫がダービーへ。何回裏切られても「馬主という病」。(2/2) - 競馬 - Number Web - ナンバー
小さい頃から馬好きやから
当時幼稚園生だったけど
ニシノフラワーもセイウンスカイも知ってる。レースも記憶にある。笑
当時の競馬は今と違ってノーザン、社台運動会やなかった。
こういう馬には本当に頑張ってほしいなって思う!!!
ダービー、応援馬券やな笑
こういう馬主さんがまだ少なくてもいるというのが嬉しいし自然とそういう馬主さんの馬は応援したくなる。
私が競馬で求めている、馬主と調教師と騎手、それを応援するファンの形。

セイウンスカイが徳吉孝士騎手から横山典弘騎手に変わった時「なぜ⁉」と思いましたが、これを読んで府に落ちました💡
「もう、馬主という病ですよ。馬が好きで、人が好きで、何回裏切られても、懲りない、めげない。我慢が服を着ているのが馬主だと、ぼくはいつも言ってるんです」

 「ダービーは参加賞。出られることをよろこびとして、静かに観戦しますよ」
素晴らしい、皐月でも対抗だった
ダービーでも応援したい
セイウンスカイのひ孫がダービーへ。何回裏切られても「馬主という病」

「ダービーで馬を引くのは厩務員の夢」

ですか、なるほど。確かに言えてますね。馬主も騎手も調教師もダービーはよほど大事ですけど、それは厩務員にとっても同じですね
オーナー、生産者、厩舎、騎手、ファン……色々な人の思いを乗せて駆けるサラブレッド。良い記事でした。
ダービーの本命は決まっている(  ̄▽ ̄)σ
ダービーって特別なんだなって再認識。
ダービーのパドックで馬を曳きたいという厩務員さんの気持ちは沁みる。
セイウンスカイ厨としてダービーはニシノデイジー1択。
色々考えさせられるな。
ニシノドコマデモとかいう懐かしい名前があった
「今は頻繁に騎手が代わり、トップホースにはトップジョッキーという風潮があるが、昔の調教師は馬をつくりながら人も育てた。だから『先生』だった」
良記事ですわ。

セイウンスカイのひ孫がダービーへ
良い記事だった🐴
こういう馬主さんがいて競馬がまた楽しくなる(^^)。
かっこええな👏🏻
こう言う馬主にも勝って貰いたいな!
頑張れ、ニシノデイジー🏇🏻
ニシノフラワーまだ生きてるんや、素晴らしい
関係者以外にも、デイジーに夢を見ている人は沢山いると思う。
もちろん、他の馬もそう。それぞれにそれぞれの夢を背負ってくれている。
おら、わくわくすっぞ。
いい話だね、こういう記事を見ると情けで馬券買っちゃうんだよなあ(笑)
競馬はブラッドスポーツと言われるけど昔の名馬の名前が出てくるとウレシイ気がするちょっと古いファンです
ニシノデイジーな、血統だけならついつい買いたくなる超ロマン派で、西山オーナーも好きだけど、勝負は勝負やね。
自分以外の誰かの夢に思いを馳せるコトができるのが素敵です🐴
西山オーナーのこの心意気、ノブレスオブリージュという感じでいいな
以上

記事本文: セイウンスカイのひ孫がダービーへ。何回裏切られても「馬主という病」。 - 競馬 - Number Web - ナンバー

関連記事