TOP > スポーツ > Number Web > イタリア版「あの...

イタリア版「あの天才たちは今」。最高峰セリエAの門はかくも狭い。 - 海外サッカー - Number Web - ナンバー

12コメント 登録日時:2019-04-18 12:08 | Number Webキャッシュ

“春”が終わったとき、彼らはどこへ行くのだろう。 イタリア語で春を意味する「プリマヴェーラ」という単語は、カルチョの世界では育成年代の最終段階にあたるU-19チームを指す言葉として広く知られている。...

Twitterのコメント(12)

かくもプロの世界は厳しい。
味方はいないのね。
NumberWebの記事おもろい。
イタリア版「あの天才たちは今」。
最高峰セリエAの門はかくも狭い。
プロの世界の厳しさに、日本も世界も変わらないんだよなぁ。
希望と無力感の狭間でもがき苦しむ選手たちの上に、スタープレーヤーがいるんだよ。
あまりにも厳しい… -
厳しいけれど、これぞプロの世界。。
プリマヴェーラとAの壁は高いんだろうなぁ…
Bにも、年齢的にAからは声はかからないだけでAのプロビンチャでバリバリやってた老獪な選手はいくらでもいるしねぇ。
- 記事を全部読んだけど壮絶過ぎる世界だな…久保君や中井君がトップチームに昇格出来たらそれだけで奇跡なのかもしれん。逆に野球みたいにセリエB付近で燻ってる中に逸材が眠ってるのかも。
Jはまだ優しいのかな?
これは全ての欧州サッカーファンに読んでほしい。
過去10年、イタリアのユースリーグ年間王者を決めるプレーオフ決勝戦に出場した選手は162人。彼らのうち、セリエAクラブに選手登録されている者は20人。
「近年、遅咲きでセリエAデビューした選手といえば、FWラパドゥーラ(ジェノア)…かつては『セリエA選手になれるのは1000人に1人』と言われたそうだが、実際にはより厳しいという実感がある」〉
以上

記事本文: イタリア版「あの天才たちは今」。最高峰セリエAの門はかくも狭い。 - 海外サッカー - Number Web - ナンバー

関連記事