TOP > スポーツ > Number Web > 「ハーフの子供た...

「ハーフの子供たちのために」八村塁のルーツへの誇りと自信。 - NBA - Number Web - ナンバー

31コメント 登録日時:2019-04-15 09:02 | Number Webキャッシュ

「僕は、日本のハーフの子供たちのためにプレーしたい」八村塁は、最近、いくつかのアメリカの媒体の取材に答えて、そう話している。西アフリカの国、ベナン出身の父と日本人の母の血を継ぐハーフとして、同じようなハーフの子供たちのロールモデルとなると自ら...

Twitterのコメント(31)

昨日この選手が今すごいとかなんとかって布教された
この選手を応援したいと思った。📣

「ハーフの子供たちのために」
八村塁のルーツへの誇りと自信。
「同じだったらやっぱりつまらない」ってのは違うよね。「同じでもいいけど違ってもいい」というのが多様性。同じであることの重要性を理解できず尊重できないのならば差別主義者と一緒。
スポーツと音楽マニア揃いな弊社、現在NBAがプレイオフで盛り上がり中ですが、八村塁選手がアーリーエントリーという喜ばしいニュース✨スタッツ見ても上位指名が噂されていますが、メディアが騒いでからでも何でもいいから日本のバスケは今後注目😍
-
大好きな Webも
@tk_rada 富山で辛い思いをしたんやな…
ホーネッツ入って欲しい。
素晴らしい <こういう人がいるんだって。(ハーフでひけめを感じている)子供たちがいたらそういうのを変えて欲しいなというのはあります。見かけが違うからこそ自信を持って欲しい>→「ハーフの子供たちのために」八村塁のルーツへの誇りと自信
「僕のひとつの目標というか、小さい子たちをインスパイアするような、そういう人になりたいとは思っているんです」と八村。
八村塁 スゴイ^_^
「 自分のプレーを見て、自分の言葉を聞き、自分のたどってきた道のストーリーを読むことで、子供たちにはハーフであることに誇りや自信を持ってほしいのだと、八村は語る。」

Phenomenal piece on @rui_8mura 👏👏
選んだものじゃなく与えられたものなので敢えてそれを「差」とする人は単に弱い人なんでしょう/
ええ記事や・・・

ハーフの子供たちのために」八村塁のルーツへの誇りと自信。
これは素晴らしい考え方だね。ハーフの子を持つ父親として応援したい。「僕は、日本のハーフの子供たちのためにプレーしたい」「かといって何をするっていうわけでもないです。僕は自分がやるべきことをやって、結果出していけば、それは子供たちが見ていると思うので」
ベナン出身の父と日本人の母を持つ八村塁選手、めちゃくちゃカッコいいな。

「見かけが違うからこそ、自信を持って欲しい。僕は自分がやるべきことをやって、結果出していけば、それは子供たちが見ていると思うので」

弟と妹がいじめられるたびに殴り込みに行ってたという。
そもそも「ハーフ」なんていう言い方止めた方がいいと思う。
「半分」だなんて、失礼だよ。
以前「ハーフ」の知り合いが、「ハーフじゃなくてダブルです」って言ってて笑ったけど、ハーフはいかんと思うわ。
ポジティブな選手!
魅力的やな〜😊
みんな地球人🌎ってくくりになる日がくるかもね💫

「ハーフの子供たちのために」八村塁のルーツへの誇りと自信。
漫画みたいな人だな。NBAで思いっきり活躍してもらいたい。
スポーツ界に限らず、日本は以前に比べハーフの子たちが多くなったんじゃないかなぁ。
個人的には大歓迎!
みんな自分で国籍を選んで誇りをもって活動してほしいですよ。
応援しますよー!
本当にナイスガイです。(^ω^)
今シーズン、八村塁選手は、いくつかの取材で「日本のハーフの子たちのためにプレーしたい」と言っていましたが、彼がそう宣言する裏にある思いについて、ナンバーウェブに寄稿しました。無料ページ掲載のコラムです。
みんなが同じだったらつまらない…この感覚は何気にすごいよ>
苦しいことも葛藤もあっただろうに、全部吹っ切って清々しい言葉で話している人ってかっこいい!|
「ハーフの子供たちのために」八村塁のルーツへの誇りと自信

自分のプレーを見て、自分の言葉を聞き、自分のたどってきた道のストーリーを読むことで、子供たちにはハーフであることに誇りや自信を持ってほしいのだと、八村は語る。(本文抜粋)
ルイ君のことが、何倍も好きになった。
「まず(アメリカでは)黒人だからって日本と違って、区別みたいなことをされない。普通にいっぱいいますし。でも…」
活躍だけ切り取るのではなく、社会の在り方を問う必要がある。八村君は日本の閉鎖性を批判するのではなく、ハーフは得であり楽しいという。多様性の価値の容認から始めないと。
素晴らしいメンタリティ
そう、みんなミックスですから/
私も日本人とフィリンピンとのハーフで幼少期はかなりアイデンティティの面で悩みました。八村くんのようにハーフの子が自信を持ってもらえるような日本にしたいです。
昨日はライターさんと飲む

色々な話を聞かせてくれた

プロフェショナルの生き方はどの世界も変わらない

そうすると記事がライターさんの視点から見える

だからだろうか

これを書いた人は八村を本気で知りたい、伝えたいと思ってる人だと思った
以上

記事本文: 「ハーフの子供たちのために」八村塁のルーツへの誇りと自信。 - NBA - Number Web - ナンバー

関連記事