TOP > スポーツ > 「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た高橋大輔の変化。 - フィギュアスケート - Number Web - ナンバー

「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た高橋大輔の変化。 - フィギュアスケート - Number Web - ナンバー

69コメント 登録日時:2019-01-21 10:41 | Number Webキャッシュ

その言葉は、耳にしてから時が経てば経つほど、重みをもって迫ってくる。「自分はスケートが好きなんだ、と言えるようになりました」2019年1月上旬。...

Twitterのコメント(69)

こちらの記事も自分用にもう一度貼っておこう(*´-`)
本当に嬉しい(*ノД`*)・゚・。
"何よりも印象的だったのは、試合の前後や練習で見せる笑顔だった。ひとことで表せば、いつも「楽しそう」だった。その表情は、内面の表れであるようにも思えた。

「スケートが好き」
そのひとことに、復帰してからの姿が重なり合った。"
大ちゃんは少なくとも自分のスケートに関しては自分の心に寸分の弱さも許さないんだなと思う。
Number970号のインタビューと対になるコラム。松原さんの見た大ちゃんをもっと書いて欲しいと思ってしまう。
好き!楽しい!と思える気持ちが何より大きいということを全日本で見せてもらいました~👍これからも楽しみにしてます😊✨
「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た高橋大輔の変化。(
限界まで戦い抜いたからこそだ。当時も今も、そう思う。

ありがとうファンもそう思っています。
ウェブ記事もグッときた
先月の大ちゃんの演技には感動しました。ジャンプにミスはあったけど、インナーマッスルを鍛えれば30代での4回転ジャンプは成功できるよ(草)
松原さんには、どれだけ感謝しても感謝しきれない( ・ ・̥ )
「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た の変化。(
松原さんの記事。ありがとうございます😭😭😭
松原さんの記事はいつも冷静だけど暖かい。当時は表に出せなかったけど復帰した今だから書けることもたくさんあると思うので大輔君を題材に本を書いてほしいな。
松原孝臣さんの記事
メモメモ☆
number の記事の続きのようで胸がいっぱいになりました‼︎
松原さんありがとうございます🙏🏻
松原さん、有難う😭😭😭
よくぞ彼の心の深淵に迫って下さいました!素晴らしい👍✨
松原さんありがとうございます。・゜・(ノД`)・゜・。
ひとことで表せば、いつも「楽しそう」だった。その表情は、内面の表れであるようにも思えた。
松原さんの記事は大好き
#松原孝臣 さんの #number 970号のインタビューと合わせ、是非多くの方に一読いただきたいのです。スポーツを超えた、生き方そのものへの問い。

#髙橋大輔
松原さ〜ん!😭😭😭
涙が😭・・・
自分用。
また読み返したくなる。

「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た高橋大輔の変化
号の「編集後記」のような松原さんのWeb記事。「戦い抜いた」ことと「やり尽くした」ことは違う。松原さんは、ソチ前後のあの痛みに、今かつてないほど向き合っているのかなと思いました。
松原さん、ありがとうございます😌…こんな場所で目汗が💦
本誌で書ききれなかったむしろ重要なことを松原さんのフラットな視線がしっかり書かれています
本誌掲載分とは別の松原さんの記事
ソチ五輪の時は怪我でベストの演技は難しいと本人も分かっていて
しかし日本が勝つ為に出なきゃいけない、という事情もありました
(PCSが強いので。結果もSPでPCS三位、FSで二位を出してます)

しばらくぶりに純粋に競技ができて
高橋は楽しかったんだろうなぁ…
ツイを開いたらトレンドに「高橋大輔の変化」と出てきて、何かと思って開いたら…泣くしかないです、これ。
いい記事だった。わかる。
@numberweb
松原孝臣さんの記事
高橋選手を再び試合リンクで見られる幸せを改めてかみしめます。
松原孝臣さんいつもありがとうございます。
自分用に。
松原さん記事です。いつもありがとうございます😊
「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た高橋大輔の変化。Number_web
今発売中のと内容少し違う♡『きっとこれからも、「好き」の喜びとともに高橋は歩んでいくだろう』😂😂
「好き」と素直に言える幸せを大輔くんからお裾分けされた想いでいます。松原さんに感謝です。
松原さん、ありがとうございます(T_T)
文章の端々から『書かずにはおられなかった』気持ちを感じました(T_T)
松原さん記事。Number970号を受けて。
松原さんありがとうございます(´;ω;`)ウッ…
「スケートが好き」
何より嬉しい言葉だなぁ
(全日本選手権を終えた高橋の言葉で、復帰までの時間に4年あまりを要した必然性があったこともあらためて知る機会になった。)
そう、4年は必然だったと私も思う‼️
大ちゃんが戻ってきてくれただけでほんとにほんとに嬉しいよ
泣く…。限界だったよ。1年間、壊れそうな大輔さんを見てて、なのに1番辛かったソチ迄の姿はけして見せないし、多くは語らない。だって髙橋大輔だから
その言葉は、耳にしてから時が経てば経つほど、重みをもって迫ってくる。「自分はスケートが好きなんだ、と言えるようになりました」
時間を要したが「スケートが好きなんだ」と口にすることができるようになった重みと喜びに、思いは至る。今年3月の世界選手権代表は辞退したが、競技者としての歩みは止まらない。きっとこれからも「好き」の喜びとともに高橋は歩んでいくだろう
text by 松原孝臣
『ソチ五輪を終えて、2014年の秋に競技から退くことになったのは、限界まで戦い抜いたからこそだ。当時も今も、そう思う。』
『きっとこれからも、「好き」の喜びとともに高橋は歩んでいくだろう。』
「スケートが好きと言えるように」
本人の思いを想像してはいたが、こうして目にしたり耳にすると想像をゆうに超えてて心が裂ける
【スケートが好き】
素晴らしい贈り物すぎて泣く
number誌面の記事から一転、松原さん視点の記事。伝わってくるものがまた変わる。

ソチフリーの諦めを含んだような儚い穏やかさと、今の大輔くんの穏やかさの相違。更なる成長を感じる記事

「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た高橋大輔の変化。(
松原孝臣さんの記事。
Number970とは別記事です。
松原記者の視点、やはり共感できるな…当時も今も、スポーツ記者の立ち位置では状況を一番的確に理解されているように思う😭
そして文字には起こせない沢山の語られるべき事実や思いが行間から伝わってくるようで…
😭😭😭松原さんありがとうございますm(__)m
やっぱりnumber970は買うべきなのですね❣️
今、発売中のNumberとは少し違う記事です。
松原さん、いつか(次の引退後?)他の出版社から大輔さんの評伝出して下さらないかな。
情理兼ね備え抑制の効いた品のある文章で、松原さんの視点から語ってほしい。
松原孝臣さんコラム 発売中のNumber本誌(No.970)掲載記事とは別のものです
😭
>それでも退くことはなかった。そんな状況にあることを公にすることもなく、「怪我は自分のせいですから」と、人知れず戦い続けた。
※松原さんの記事✨
松原さん( ;∀;)ナミダナシデハヨメマセヌ
ああそうだ、本当にそうだと心の底から思いつつ読ませていただきました。ありがとうございます。

「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た高橋大輔の変化。(3/3) -
「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た高橋大輔の変化 「自分はスケートが好きなんだ、と言えるようになりました」現在発売中Number970号インタビューで、高橋大輔はそう語った。その穏やかな表情に、思わず見入らざるを得なかった
>「スケートが好きなんだ」と口にすることができるようになった重みと喜びに、思いは至る。

松原さんだからこそ、その言葉の重みと喜びの深さがまた染みてきます✨( ノД`)
松原孝臣さんのコラム。
『スケートが好きと言えるように』

「競技者としての歩みは止まらない。
きっとこれからも、『好き」の喜びと共に高橋は歩んでいくだろう。」
web
松原さんの記事です。今発売されているものとは違います。
間近で見てきたからこその松原孝臣氏のコラム。ソチ前のシーズンから万全でなかった膝の状態にも言及しています。
😭😭😭😭😭😭

松原記者、ありがとうございます‼️
▷松原孝臣さんコラム
以上

記事本文: 「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た高橋大輔の変化。 - フィギュアスケート - Number Web - ナンバー

関連記事