TOP > スポーツ > ついに訪れた「羽生善治九段」。なぜ彼の存在は将棋の枠を超えるか。 - 将棋 - Number Web - ナンバー

ついに訪れた「羽生善治九段」。なぜ彼の存在は将棋の枠を超えるか。 - 将棋 - Number Web - ナンバー

46コメント 2018-12-21 20:42  Number Web

「羽生善治九段」。ついにこの表記をする時がやってきてしまった。12月20、21日に開催された竜王戦第七局で、羽生善治竜王は広瀬章人八段相手に、最後の最後まで粘りを見せたが敗北。3勝4敗で防衛を果たせな...

ツイッターのコメント(46)

12/21 ついに訪れた「羽生善治九段」。なぜ彼の存在は将棋の枠を超えるか 〜大局観。幅広い見識。「羽生さんが羽生さんたる所以は様々な事柄に興味を持ってるところ。他の物事に触れることで何か吸収できないかと考えてる。だからこそ今でも驚くような発想の一手を指せる」〜
一時代の終わりかもしれないけど、新しい羽生善治の始まりなんだろうね。
羽生さんはまだまだこれから。

- 将棋 - Number Web - ナンバー
羽生さんは、きっと名人で通算100期タイトルをモノにしてくれるはず。
羽生名人。こんなにしっくりくる名称があるだろうか。
今回の失冠は、その前振りでしかないように感じています。
羽生さん、来年もどうぞ宜しくお願いします!
「羽生さんが羽生さんたるゆえんは、将棋はもちろん、世の中の様々な事柄に興味を持っているところです」 それは確かにそうやと思う。でも、羽生さんのオンリーワンなところは、「それでも将棋を中心に据え続けているところ」やとも思うなあ。
羽生善治氏という棋士のすごさはそれとともに過去の大山康晴、中原誠といった棋士のすごさをわからせる存在でもあると思う。
あとは50歳超えてから名人か竜王のタイトルを取るかどうかかなぁ。。。
100期が叡王だと面白いな。
新設されて羽生さんがまだ冠したことがない称号で100期達成。
大山 中原 谷川 そして羽生。将棋にのめり込み始めた頃、大山が他を寄せ付けず第一人者だった。その後、名人位は中原から谷川へと移り、彼らもまた天才と言われたが羽生の登場も衝撃的だった。時代は巡る…。@ついに訪れた「羽生善治九段」なぜ彼の存在は将棋の枠を超えるか。
27年間強敵と戦い続けて勝ち続ける強さ。若さすらなぎ倒してきた強さは消えません
負けちゃったか…。(泣)
タイトルホルダーに返り咲く日を待っています
@numberweb

“「羽生善治九段」。ついにこの表記をする時がやってきてしまった“

まだ肩書は決まってない。元竜王と名乗るかもよ。記事の内容も薄っぺらいし、ナンバーはもっとまともなライターを選べよ。
昨日一番の衝撃…
でも、やっぱり羽生先生は羽生先生。
かっこいいのだ。
ただの九段じゃない!
永世七冠だっ(怒
今回訪れた失冠状態も彼にとっては小休止みたいなもので、折を見てまた何かのタイトルを獲りそうな気がする。/
羽生さんのインタビューやエッセイが好きなのは、思いもよらぬ言葉によって、将棋をしないひとにも彼の魅力が伝わるから。
その源は目の前の勝敗にとらわれない、超然とした言葉にあるのでは、と思う。

メディア側の質問に対しても、意図を瞬時に判断し、なおかつ普遍的に表現する。そして、言葉自体に深みがあるから心を打つ。
羽生善治さんこそ、若い強い選手が台頭し時に負けることがあっても、彼の重ねてきた実績や将棋の普及への貢献についての評価は揺るぎませんよね。これからもご活躍を楽しみにしてます。
同年代として、何とか平成の終わりまでに別タイトルで返り咲いて欲しいなぁ😯💦
今頃知った。情けない😓無冠、応援出来なくてごめんなさい先生😭😭
負けたかー。
竜王獲られて悔しいから前竜王って名乗りまーす、って棋士が1人くらい出ても面白いのだが、昔とは違う形で妙な固定観念や決まった形の美意識ができてしまった感はある。タイトル戦だと判を押したようにみんな和服なのも同じ。
ITの発展における「高速道路理論」を発表しただけでも、羽生先生の偉大さがわかるというものです。
羽生さんの魅力はまさにそこなんだよなぁ 勝っても負けてもある意味淡々としていて、もっとその先の何かを見据えるところに魅力を感じる この先もずっと羽生ファンでいたい
羽生さんは将棋しか興味ないような人物だと思い込んでた。
羽生善治も人間でしたか。
でも、何とか100期は達成して欲しいですね。
ひゃー敗戦かぁあ
感慨深いね
numberが将棋の記事を書くとは・・・
27年間1つ以上のタイトルを保持していた名人、、、
遂に、、、
羽生が頑張るのだから俺は当然頑張る /
〈何よりも羽生九段は「将棋がものすごく強い人」にとどまらない、将棋という競技の枠組みを超えて人々が関心を寄せる存在である。〉
将棋だけじゃなく常に前に進む姿に勇気をもらえます!!
27年間って凄い。
羽生さんは別格・・・
お疲れ様でした✨今日も素晴らしかったです✨
え、羽生さん負けたんか...
時代の変わり目、節目ですね。。
ほんと、羽生さんはすごい(涙)→
こんな時代が来るとは。。。。。
九段ちゃうわ前竜王じゃ。無知まるだし。新竜王を称えこそすれ失冠をニュースにするな //
永世は引退しないと名乗れんのね
羽生さんとイチローは僕の永遠のヒーローである。
羽生さん負けたか。いや、また復活する!
やっぱり『言葉』かなぁ|
巨星落つ!残念。ただ意欲は未だ衰えていないので、早期のタイトル奪還を願う。<
ショックではあるが、羽生さんの佇まいが変わらないのは感心する。
にしてもNumberに特集される棋士はこの人ぐらいだろう
は いまだにトップ棋士の1人
48歳となった今期も
それは通算26期目となる「順位戦」頂点のA級でここまで5勝1敗の好成績
ほかのタイトル戦も常連
その源は目の前の勝敗にとらわれない、超然とした言葉にある
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR