TOP > スポーツ > Number Web > 嵐のように生き、...

嵐のように生き、刃物のように闘う。ダイナマイト・キッドよ、永遠に! - プロレス - Number Web - ナンバー

29コメント 登録日時:2018-12-07 18:07 | Number Webキャッシュ

“爆弾小僧”ダイナマイト・キッドが自身の60歳の誕生日である12月5日、帰らぬ人となった。1980年代前半、空前のプロレスブームを巻き起こした初代タイガーマスクのデビュー戦の相手であり、最大のライバルであったダイナマイト・キッド。...

Twitterのコメント(29)

むかーし
カラダ作りで
彼の影響かなり受けたのだ。

ジュニアなのにヘビーでリングに上がるって
すごい事してたんだよね。
高速ブレインバスターを始めてやったのも彼
、キッド氏の生きざまはこれからも永遠に語り継がれて行くと思う。
嵐のように生き、刃物のように闘う。本当にキッドはそうだった
すべてに凄みがあった。触れれば切れるような独特の凄みが。
キッドは近づくのも怖い雰囲気があるレスラーだった。
本当に悲しい。

・キッド
マジか❗今知ったよ。
あの受け身のうまさ!速さ!ダイビング・ヘッドバッド!
忘れません!
華やかさの裏の壮絶さに絶句…
必読です。→
泣けてくる…

「ケガをしていようが、大観衆が俺の名前を叫んでいれば、その期待には何としても応えなければならない。身体が動こうが動くまいが、やるしかない」
電車で泣きそうになった。
テレビでみるキッドは、常にピリピリしていて、「こんな奴、絶対友達になんかなれねぇ。」って感じで、おっかなかった。
自分と年齢も近いし。
試合が出来る身体じゃなかったとしても、死んじゃうのは残念だよ、残念だよ。

ダイナマイト・キッド、永遠に!
全身これ鋭利な刃物
マジかっ!? 景気よく行きたいのに、こんなんばっかりだな…最近。
ご冥福をお祈りします。
カッコよかったよね。私は小林邦昭派だったけど…
今見たら寺西勇がなんか素敵なんですよね。
今にして思えば、本当に"UKロック"なレスラーだった/
刹那という言葉が、これほど似合う方はいなかった。肉体と生き方の見事な一致。
ありがとう、お疲れ様でした。久しぶりのマジ泣きです…
三沢光晴の追悼番組で藤波辰爾が『レスラーはリングの上で死ねたら本望、いやそれは違う。死んだらダメなんですよ、死んだら』三沢とキッド、どっちが幸せだったんやろうか?
Number Webでダイナマイト・キッド追悼コラムを書かせていただきました。よろしくお願いします。

@numberweb
生涯忘れることがない、大好きなレスラーでした。今は彼が神様の御元で安らかであることを祈ります。
今のプロレスラーと比べるとあまりに悲壮的。絶対忘れないよ。――
全盛の頃をリアルで視てたからか…泣ける
Numberさん、最高な追悼記事をありがとうございます!
餃子の王将のカウンター席で読んで涙で前が…😢
『カミソリ・ファイト』は言い換えれば『刹那的ファイト』でもあったんだよな・・・
ありがとう!ダイナマイト・キッド
安らかに。
キッドよ、安らかに眠ってくれ😢🙏
貴方がいたからこそタイガーマスクがより輝いたと思います。
R.I.Pダイナマイトキッド
小学生のころ、TVにかぶりついてキッドVSタイガーマスクの試合をみました。

すごいレスラーでした。。
ご冥福をお祈りします。
以上

記事本文: 嵐のように生き、刃物のように闘う。ダイナマイト・キッドよ、永遠に! - プロレス - Number Web - ナンバー

関連記事