TOP > スポーツ > 大阪桐蔭、夏の甲子園初黒星。二重の屈辱が名将・西谷浩一を生んだ。 - 高校野球 - Number Web - ナンバー

大阪桐蔭、夏の甲子園初黒星。二重の屈辱が名将・西谷浩一を生んだ。 - 高校野球 - Number Web - ナンバー

18コメント 登録日時:2018-08-03 19:06 | Number Webキャッシュ

100回目の甲子園で、二度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭。激戦区の大阪にあり、今年の準決勝でも激闘を繰り広げた履正社というライバルが存在しながら、この7年間、14回のチャンスで11回目の甲子園出場を果たしている。そして春3回、夏2回、合計5回の優...

Twitterのコメント(18)

>長澤は我々の取材中、当時を振り返った。
「僕は社会人野球に育てられたという思いが強いんです。やらされるのではなく、自分でやらなければ、技術は身につかないと…
みなさん。
高校野球も男ばかりのルールって知ってます?
見出し見てビビった。そもそもまだ開幕してないし。//
大阪桐蔭の記事読んでたら、書いてたの涌井さんだった
ここまでなるのには…やはりただならぬ経験をしていたのか、と思っていたが…やっぱり、というところ。苦難に向き合ったものは強い!その栄光がなかなか揺るがぬわけである…
美談にしないで下さい。
母校の子も入ってたし
四国へ行かざるを得なかった子もいた。
確かに大阪桐蔭に奇策ってイメージ無いなあ。基本的なことを徹底してレベルを上げていく印象が強い。
選手もそうなんだけど、監督さんも悔しい敗戦から成長していくんだなあ。
誰も最初から名将ではない。
今年の記念大会でどんな名勝負が繰り広げられるか?楽しみです!
良い記事でした
2001年の大阪代表、上宮太子は開幕戦で常総学院にボコボコにされたんだったな。その常総学院が2回戦で負けてビックリ。
(Number
西谷の采配をこう評した。「辛抱強いですね。一度決めたらスタメンを簡単に変えません。ひとつひとつのプレーのレベルは高いけど、奇抜な作戦を使っているわけではないでしょう?オーソドックスです。大阪桐蔭の野球のカラーになっていると思います」
西岡の人間的な嫌らしさしか印象に残らないクソ記事。
負けが糧になって、覚醒してるんですね。
長澤さんの西岡評が皮肉っぽくて面白い
西谷親方も最初は色々苦労してたんやな。それが今や名将と呼ばれるまでに成長、忍耐は大切やってよく分かる。
>04年春に甲子園で初めてチームを率いた西谷は、その大舞台においてこれまでに通算51勝10敗という驚異の勝率を誇っている

西谷監督が初めて甲子園で采配されたのは05年夏。04年春は諸事情があり甲子園で采配されてないです。甲子園通算も49勝9敗となります。
以上

記事本文: 大阪桐蔭、夏の甲子園初黒星。二重の屈辱が名将・西谷浩一を生んだ。 - 高校野球 - Number Web - ナンバー

関連記事