TOP > スポーツ > 大谷翔平の本質を示すエピソード。「イラッときたら負けだと思ってる」 - MLB - Number Web - ナンバー

大谷翔平の本質を示すエピソード。「イラッときたら負けだと思ってる」 - MLB - Number Web - ナンバー

29コメント 2018-04-20 08:12  Number Web

つかみどころがない――。今、日本でもっとも語られることが多い野球選手、大谷翔平の印象である。いや、それこそが大谷だとも言える。

ツイッターのコメント(29)

大谷翔平”イラッときたら負けだと思ってる”

まさに「大欲は無欲に似たり」で、イラッとくることそのものが無駄

「大欲」をいつも”くっきり”することが大事なんだと再認識。
『もし、大谷がバッターに専念していたら、(中略)バッターのとき遊べるのは大谷の本質が投手だからなのかもしれない』
「イラッときたら負けだと思ってる」(2/2) -
・バッターのとき遊べるのは大谷の本質が投手だからなのかもしれない
大谷翔平選手の記事。
一つの事に振り切る事が美徳とされる中で、二つに全力を尽くしたからこそ見えるものがあるような…

“大谷はいとも簡単に変化する。どこかに「遊び」があるのだ。”

大学野球なら、野球と勉強…🤔かなとか考えてみたりしました。
いらっとしない、ムキにならない
大谷くん。
イラッときたら負け。
イラッとしたら負けか、石川遼も言ってたっけ。
2人とも若いのにすごい!
仏や。

ダメと分かってても無心になれないときって
どうしてもあるんだよなぁ。 / Web|選りすぐりの総合スポーツコラム)
この精神を大事に日々生きていきます(^^)/
これは、競技麻雀を志すものにとって、金言だ!
学びがある。
ファイターズに贈るありがたい言葉に思える。クリーンナップにイラッとする人多いからね。
@numberweb ほんと大谷はバッターの時はのびのびしてるよなあ。遊んでるみたいに楽しんでる。
イラッとしない大谷、ムキにならない大谷...そーゆうとこだよね。
自分コントロールができている✨
カッコイイけど、こういう人がマジでキレたらめっちゃ怖いパターンかな?
冷静に常に物事を考える。
世界で活躍する選手は
メンタルが出来上がってる。

大谷翔平の本質を示すエピソード。「イラッときたら負けだと思ってる」( Web)
「イラッときたら、負けだと思ってるんで」
幾つになっても、直ぐイラつく私は、ホント恥ずかしい。
なるほどなるほど→
「取材の最後に、思わず「変なこと聞かれて、イラッとすることはないの?」と尋ねると、ニンマリとして言った。「イラッときたら、負けだと思ってるんで」
ああ、これが大谷という男なのだと思った。」との記事。
自分に伝えたい一言。
イラッときたら負け。
会社では常に大らかな心で、どんなジジィにも柔らかい笑顔で。
(ジジィっていってる時点でダメかww)

大谷選手、気づかせてくれて有難うございます。
ほんまそうやなー、コントロールできるのは自分だけだもんな 俺負けまくってるわ(笑)
若いのにすごい。自分も見習わないとな・・・・・・
わくわくするしドキドキする!

何だこの男!!

かっこいいな〜!!!

大谷翔平の本質を示すエピソード。「イラッときたら負けだと思ってる」( Web)
イラッときたら負けって……かっこいい!!
自分の言葉の貧しさに無自覚なまま、その人物を表現したつもりになって、その実、対象を自分の言葉に閉じ込めてしまうことがある。

なんとなく読んだ記事でこんな良い言葉に出会えるとは思わなかった。
いとも簡単に変化する
どこかに遊びがあるから

って的を得て納得。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR