TOP > スポーツ > Number Web > 幻の最強打線はペ...

幻の最強打線はペタ、カブ、ラミ!?プロ野球伝説の国際スカウトの秘話。 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

13コメント 登録日時:2017-10-23 11:51 | Number Webキャッシュ

テレビをつけると、ラミレス監督率いるDeNAが広島とCSファイナルステージを戦っていた。それにしても16年前、26歳の彼が初来日した時に将来はプロ野球チームの監督をやるなんて、誰が想像しただろうか?...

Twitterのコメント(13)

ヤクルト、巨人で国際スカウトを勤めた中島国章氏の話。ホーナーの逸話、カブレラとラミレスで悩むもペタジーニがいたのでラミレスに絞った話、巨人時代サファテを狙うもチームはクルーンを選択、などなど。 / “幻の最強打線はペタ、カブ、ラ…”
文中のリーのアドバイス…(*^_^*)「おれたち外国人選手にとって、通訳はベビーシッターであり、お抱えの精神分析医だ。通訳といい関係を築くことが、日本で成功する鍵を八割方握っていると言ってもいいね」
ヤクルト・バース誕生なら85年阪神優勝はなかっただろう。ホーナー秘話が面白い。
ホーナーは衝撃的過ぎた!いまでも最強だと思うなぁ。あれこそ現役バリバリメジャーリーガーの形容詞に最も相応しい選手だった
ヤクルトの助っ人外国人と言えばホージーかデシンセイが真っ先に浮かびます
読んでいて『面白い』って思っていたら、中溝さんの記事だった(笑)
ホーナーは自分がスワローズ ファンになった最大の理由
興味深い話でした。
まさに今図書館で借りて読んでた本です
おもしろい!
めっちゃおもしろい記事
ここで紹介されている「プロ野球最強の助っ人論」は、自分も発売後に直ぐ購入した興味深い一冊。
以上

記事本文: 幻の最強打線はペタ、カブ、ラミ!?プロ野球伝説の国際スカウトの秘話。 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

関連記事