TOP > スポーツ > 8番打者に投手を置く、という奇策。MLBの策士の遊び心あふれる打順論。 - MLB - Number Web - ナンバー

8番打者に投手を置く、という奇策。MLBの策士の遊び心あふれる打順論。 - MLB - Number Web - ナンバー

19コメント 登録日時:2015-07-24 11:47 | Number Webキャッシュ

大リーグ随一の智将として知られるカブスのジョー・マドン監督が、ふと思ったことを実行に移したのは今から2年前。2013年シーズンの交流戦でのことだった。...

Twitterのコメント(19)

今日の試合で愛斗が二度、申告敬遠をされたけど、これで思い出したのが4年前にアップされたこの記事。ジョー・マドン監督曰く「敬遠によって若い野手に打席機会を奪われないよう『8番投手→9番野手』で打順を組む」というお話。辻監督、明日これやってみます?
逆に23塁のチャンスで7番が敬遠されたとしても、ソトや筒香が敬遠されることはないから良いって話なのかな?
結局よほど出塁率に差がなければチャンスで回ってくる確率自体は一緒だから、8番投手で叩いてるのは物事の一方しか見えてないとも言える
@drahoochunichi @xgg9l1 一応根拠はあるぞ
上位打線にランナー置いた状態で回せるし、敬遠避けられる

カブスのマドン監督が言ってる
カブスのラッセルって、このラッセルか
@iamcharanger
良いと思います。ご存知かもしれませんがMLBで8番投手は珍しいことではないですしね。この記事おすすめです→
「守る」と「与える」

8番打者に投手を置く、という奇策。
MLBの策士の遊び心あふれる打順論。
なるほど!楽しいお話でした。(^.^)

8番打者に投手を置く、という奇策。MLBの策士の遊び心あふれる打順論。(1/4)
打順通りの1巡目より確実にずれる2巡目以降のつながりを見越すのはすごいな
おお…笑 8番打者に投手を置く、という奇策。MLBの策士の遊び心あふれる打順論。(1/4)
交流戦中に西武(だったか?)がやってたなぁ なるほどねって感じ
奇策も何も ... 暗黒時代の阪神タイガースでは散見されたけど。
野球の打順に対する概念も、試行錯誤で変わってくるというお話。「最強の若手を敬遠しにくい9番に」というのは確かに重要。
about
何を今更!??V9時代の川上巨人が既にやってたよwww
西武黄金時代も日本シリーズで投手8番ってよくやってたな|
なるほど。そういや谷繁は四球数でNPB上位十傑に入ってるんだよな / “8番打者に投手を置く、という奇策。MLBの策士の遊び心あふれる打順論。(1/4) - ナンバー”
“「すべては投手の後を打つ打者のためなんだ。トニーとはそういう話をした。つまり、誰が誰をProtectするのか。それによって、どんなFeedingがもたらされるのかということだ」” / “8番打者に投手を置く、という奇策。MLBの…”
面白い。/8番打者に投手を置く、という奇策。MLBの策士の遊び心あふれる打順論。(1/4)
野球は研究しつくされたと思っていたが、未だ奥深い!
興味深い。 /
以上

記事本文: 8番打者に投手を置く、という奇策。MLBの策士の遊び心あふれる打順論。 - MLB - Number Web - ナンバー

関連記事