TOP > スポーツ > Number Web > 世界で通用する内...

世界で通用する内野手育成のために、“基本至上主義”から脱却せよ! - プロ野球 - Number Web - ナンバー

35コメント 登録日時:2015-01-16 10:58 | Number Webキャッシュ

PL学園から1987年のドラフト1位で中日入りした立浪和義内野手のデビューは、高卒内野手としては前代未聞のものだった。プロ1年目の開幕戦にいきなり「2番・ショート」で先発フル出場。...

Twitterのコメント(35)

これ見ると言っちゃ悪いけど、考えの古い人は引退してくれって思う
いいものはそのままで良いけど、間違っている事をいつまでもこれじゃなきゃいけないって教えるなんてアホのする事
ワンハンドパスって雑なプレー??
自然に出来るようになったらいいのに・・・

その基本って一体、誰が決めたんだろう。本当に正しい??
思い込み、固定観念・・・・

『ボールは両手~!!』って怒鳴ってるけど・・・...
これは高代さんの本にも書いてあったな ここ最近日本の野球指導方法にどんどんメスが入れられているのは良い傾向やと思う
世界で通用する内野手の登場と引き換えに,平均的な内野手のレベルが下がりそう。
基本が身に付いた後なら応用もアリだと思います。加藤豪将の守備をYouTubeで探したんだけど、あまりないんだよなぁ。

世界で通用する内野手育成のために、 “基本至上主義”から脱却せよ! /
いい加減に、考え方を少しは変えてみませんか?
体の正面で止めろ!横着するな!
格好つけるな!
の決まり文句と「基本に忠実に」っていう言葉への盲信

気付いてるチームは既に変わって来てますけどね
何の為に補給するのか。
投げてアウトにする為に捕球する。
目的は勝つコト。

基本と言われているコトにも理屈で確認するって必要。特にスポーツがってコトではなく全てのコトについて。...
この観点で考えると今の内野手でメジャーに通用するのは広島の菊池なのかな。
ほぅ^^ たしかに マギーの打球の処理は違ったなぁ^^>
少年野球や高校野球の指導者が野球の将来のことを考えて指導してるわけじゃないだろうし、難しいよね。 / “世界で通用する内野手育成のために、“基本至上主義”から脱却せよ!(1/3) - …”
型にはまった日本の野球界全体に対する問題提起。

世界で通用する内野手育成のために、“基本至上主義”から脱却せよ!(1/3) - ナンバー
世界で通用する内野手育成のために、“基本至上主義”から脱却せよ!(1/3) - ナンバー - Pressoからシェア
バックハンド捕球と日本野球基本の呪縛については名著「科学する野球」にも書かれてた。後ろ足フリー打撃についてもおかわりくん等で最近また話題になってる→
守破離っていう考えはあるんだけどね。出来てないんだね。
基本動作を身につけることは大事。トップクラスになるには囚われないことも大事。 /
確かに【基本はあくまで基本】
【守破離】が必要。
/
この前の田口さんの記事とほぼ同様の趣旨だけど、要は環境から変えないとダメですよね。人工芝でプレーできるなら、受け身の型通りの守備でも済む。
//
メジャー選手との守備技術の実力差は、元々の身体能力の違いではなく、教育の違いである、という記事。
興味深い。
センシティブが重要ってこと!?
アメリカで子どもに「正面の強い打球はバックハンドで捕れ」と教えるのは、ケガ防止の意味もあるらしいね。捕れないときに顔面や胸腹直撃が前提じゃないから
これこそ僕が訴え続けていること!逆シングル捕球の技術を磨け!
やっぱり加藤豪将には期待大
これはなかなかに共感する部分がある!
でも俺らが高校のときやってた魅せるプレーとはちょっと違うかなー
最も成功した日本人内野手である井口資仁内野手…「日本人にはメジャーでショートはムリだと思う」と身体能力の差を指摘している一人である。
アマからプロ、プロからMLBに進む選手は各自が適応すればいいだけの話。自身に合ったプレースタイルを見つけることが大事で、「世界=正しい」になり過ぎるのは不安もある。⇒
世界で通用する内野手育成のために、 “基本至上主義”から脱却せよ! - ”

まさにこの通りだと思う

基本の概念を履き違えた正面信仰がメジャーでショートとして通用しない内野手を量産している

それは鳥谷とて同じ
@numberweb: ”

今さらって感じではあるが
基本に忠実にやらないとプレーが雑であるという教え方はおかしいと思うなぁ。

グラブトスやバックハンドなど雑でもないしカッコつけてるわけでもない取ってから早く投げるための手段なんだから否定する必要はないでしょう...
世界で通用する内野手育成のために、基本至上主義から脱却せよ! 教育次第でメジャー流の守備が出来たとしても、そもそも論としてやはり野手なんだから打撃もだよね。メジャーに行った日本人内野手の打撃成績とか見たらそっちのほうが重症だと思うけど。
鷲田康さんのコラム、とても勉強になります。常識=基本にとらわれすぎてはいけない。野球だけでなく、ランニングなど全スポーツの「指導」にあてはまることだと思います。

「世界で通用する内野手育成のために、
“基本至上主義”から脱却せよ!」
いい記事。
みんな本当に野球好きならもっと視点を持たないかね〜。
世界で通用する内野手育成のために、"基本至上主義"からの脱却。これは他にもあてはまること。
ずっと前から言われてきたこと。頭の固い指導者が多すぎますね。 :
最近こういう言説が表に出てくるようになったな。良いことだと思う。
《 Web》 世界で通用する内野手育成のために、“基本至上主義”から脱却せよ!: PL学園から1987年のドラフト1位で中日入りした立浪和義内野手のデビューは、高卒内野手としては前代未聞のものだった。プロ1年...
世界で通用する内野手育成のために、“基本至上主義”から脱却せよ!: PL学園から1987年のドラフト1位で中日入りした立浪和義内野手のデビューは、高卒内野手としては前代未聞のものだった。プロ1年目の開幕戦にいきなり「2番...
以上

記事本文: 世界で通用する内野手育成のために、“基本至上主義”から脱却せよ! - プロ野球 - Number Web - ナンバー

関連記事